AKB48メンバー8人が出演する映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」が9月10日(金)より全国で公開。「WEBザテレビジョン」では、AKB48の出演メンバー全員に話を聞いていく。その7人目のメンバーとして登場するのはチーム8の鈴木優香。

本作には鈴木の他、大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、武藤十夢が出演。ちまたに溢れる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを紹介し、最後に成仏させるという怪談エンターテインメント作品となっている。

映画はドラマパート、心霊スポットや事故物件訪問などで構成され、メンバー8人が静岡・函南町にある渓月山 長光寺に集合。それぞれのエピソードを語り合い、その後供養するというドキュメントを送る。

鈴木は、事故物件サイトの運営で知られる大島てるとの事故物件現場を訪れて対談を行った。そんな鈴木が作品を振り返るとともに、個人的な恐怖体験についても語った。

■普通のアイドルではできない経験

──ホラー作品は好きですか?

好き…でした。以前は夏になると必ずテレビで見ていましたけど、最近は見なくなりました。家族と一緒に見ていたんですけど、一人で見るのは怖いです。

──映画では大島てるさんと事故物件に出掛けて対談をしました。大島さんのことや事故物件についてはご存じでした?

元々知っていました。物件を見るのが好きなんです…あ、普通の物件ですよ(笑)。ここ家賃が安いなとか。大島さんも事前に調べていた通りの方で、顔も性格も穏やかで怖い印象はなかったです。霊感ある人なのかと思ったら、それはなくて…私が行った事故物件もそれ自体は全然普通で、言われなければ気が付かないくらいの感じでした。

──家賃の安い事故物件を紹介されたら住みますか?

私は住まないです!(笑) どんなに家賃が安くても無理ですね。ちょっと物音がしただけでも、幽霊なんじゃないかって考えちゃうじゃないですか。事故物件って知らされていなかったら、家賃が安いのはいいですけど。

──お寺での座談会シーンはいかがでしたか?

夜遅くの時間帯でそんな時間までカメラの前で話す機会はなかったですし、お寺で撮影すること自体も初めて。普通にアイドルをやっていたらできない、いい経験になりましたね。

とにかく寒かったです。私の座った位置が隅っこの方で外に近かったのもあるし、隣で大盛真歩さんが語る怪談も怖かったし、両方で震えていました。

■女性誌でのモデルに興味も

──個人的な恐怖体験はありますか?

私自身の体験ではなくて、人から聞いた話なら…。今日の取材でそういう話も聞かれるかと思って、いろんな友だちに聞いちゃいました(笑)。

私の地元の静岡県に明治のトンネルっていう心霊スポットみたいなのがあって、友だちが興味本位で車で行ったらしいんですよ。そしたら、車を降りた後、鍵を何度閉めても開いちゃって。これは何かいるなと思ったそうです。そんなにめちゃくちゃ怖いっていうわけではないですけど、ジワジワとリアルに怖いですよね。

──映画に出演してみて、今後の女優としての目標はありますか?

演技はまだ自信ないですけど、やってみたい思いはありますね。あざとい女とか、嫌われる系の役をやってみたいです。主人公の彼氏を奪っちゃうとか悪女系の役。私は主役タイプではないと思うので(笑)、違った路線を狙っていきたいと思います。

女優以外ではモデルの仕事もやってみたいです。グラビアの経験はありますが、女性誌に載ったことはないので興味あります。

──では、最後に映画全体のアピールをお願いします。

ドラマパートのメンバーはみんなお芝居が上手で見入っちゃうし、対談系のメンバーもトークが上手なので、面白い映画になっていると思います。私も事故物件に興味はあったので、実際に行けてうれしかったです。また行きたいとは思わないですが…(笑)。

公開のころはまだ暑いと思うので、この映画を見て涼しくなってください!

◆取材・文=青木孝司