松本まりかが主演を務める、10月2日(土)スタートのドラマ「それでも愛を誓いますか?」(ABCテレビは10月3日(日)スタート、毎週日曜夜11:25※テレビ朝日は毎週土曜深夜2:30)のオールキャストが解禁となった。松本演じる純の夫・武頼役を池内博之、沙織役は酒井若菜、真山役に藤原季節が抜てきされた。また、主題歌はI Don’t Like Mondays.の書き下ろし楽曲に決定した。

同ドラマは、国内最大級の電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万DLを突破し、2020年上半期総合1位&年間総合2位を獲得した、いま最も読まれている大人の恋愛コミックが原作。

結婚8年目、セックスレス5年目、子どもなし。30代夫婦が抱く悩みや葛藤を、真正面からリアルに鮮烈に描く。

松本は、“愛はあるのに満たされない何か”を模索していく主人公・純須純(すみす・じゅん)を演じる。“愛する夫から女として求められない妻”という、どうしようもない寂しさを抱える35歳の主人公の心のゆらぎを演じる。

■純の夫・純須武頼(すみす・たけより)役に池内博之

ゼネコンに勤めている働き盛りの39歳。純には優しく実直な性格だが、仕事熱心で帰りは遅く、夫婦の時間は短くなるばかり。「子どもがほしい」という純の言葉を遠ざけ続けるうちに、夫婦の間には見えない亀裂が生まれてしまう。

そんな中、武頼は高校時代の同級生で元カノの沙織と再会。家での時間が息苦しくなっていた武頼は、純に黙って沙織と連絡を取るようになる。

武頼を演じるのは、国内外で活躍の幅を広げている池内。精悍(せいかん)でいてクールさとワイルドさを兼ね備えた存在感で、ドラマや映画、舞台などで数々の物語の鍵となる役どころを演じてきた池内が、今作では妻への愛に揺れる繊細な心情をリアルに演じる。

■純の夫・武頼の元同級生・足立沙織(あだち・さおり)役に酒井若菜

武頼の高校時代の同級生で現在は中学で国語の教師をしながら一人息子を育てるシングルマザーの足立沙織。教師として、母親として必死に生きている沙織もまた、女性として満たされていない何かを埋めるため、同窓会で久しぶりに再会した武頼と密に連絡を取るようになる。その一方で、問題を抱える教え子の存在が、沙織だけでなく武頼にも影響を及ぼすことに。

沙織役には、女優に加え小説やエッセーなどの作家としても注目を集めている酒井若菜。魔性的な雰囲気を持ちつつも、シングルマザーとして、教師として、奮闘する強い女性の一面も見せる沙織役を魅力的に演じる。

■純の会社の同僚・真山篤郎(まやま・あつろう)役に藤原季節

若手社員の25歳で、いつも付けているマスクがトレードマーク。他人にあまり興味がなく、口を開けばぶっきらぼうで愛想がないが、仕事はきっちりとこなしている。中途で入社してきた純と出会い、とある出来事を共に目撃したことがきっかけで、次第に純と心を通わせていく。

純を演じるのは、2020年映画「his」、「佐々木、イン、マイマイン」で第42回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し、2021年は大河ドラマ「青天を衝け」、映画「のさりの島」「くれなずめ」、舞台「サンソン〜ルイ16世の首を刎ねた男〜」への出演等、多方面で活躍する新鋭俳優・藤原季節。

原作ファンから圧倒的な人気を誇る真山のキャラクターを、マスク越しに演じる。

■純たち4人に影響を与える実力派キャストも決定

真山の先輩で、お調子者ながらも後輩思いな顔を見せる藤谷役には松澤匠、純の職場の同僚で、よき理解者となっていく三好役は松岡依都美と、実力派キャストが脇を固める。

真山の同期で、純とは正反対の女性・野明役は、ファッションモデルで、近年ドラマにも出演し幅を広げている吉田沙世が演じる。

また、沙織の受け持つ生徒で闇を抱える中学生・菜月役は、映画「島々清しゃ」(2017年)の主演で「第72回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」を12歳で受賞した伊東蒼に決定。

さらに、純と武頼を優しく見守る“20歳差夫婦”には、40歳で妊娠した妻・栞役を内田慈が、栞の夫で60歳で初めて父親になる武頼の上司・五郎役を菅原大吉が好演。

■純須武頼(すみす・たけより)役/池内博之コメント

――本作への出演が決まったときの感想を教えてください。

お話をいただいた際に、原作にも目を通させていただきました。それを踏まえて、僕は未婚なので、演じるのが非常に難しいだろうなと率直に思いました。2人が生活している中でのすれ違いや、子供に対する考え、仕事の事、本人が抱えている問題など、どう向き合うか。そのキャラクターがどう感じているのか。一つ一つ、心の動きも含めて丁寧に考えながら演じる必要があると思いました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

30代の男女にも響く題材かと思います。是非この作品をご覧になりキュンとしたりムカムカっとしたりしてください。考えさせられる事もあるでしょう。心に何か響いてくれたらいいなと思います。是非お楽しみに!

■足立沙織(あだち・さおり)役/酒井若菜コメント

――本作への出演が決まったときの感想を教えてください。

原作が好きだったのでうれしかったです。私は特に沙織に引かれていたので、出演が決まり次第、勝手に髪を切りました。後から聞いたら、切らなくてもよかったみたいです。気持ちが先走りました(笑)。

――視聴者へメッセージをお願いします。

このドラマの登場人物は、みんな何かを間違えています。至らない、とても。正義を押しつけたり、人と向き合えなかったり、過去にすがったり。正しさだけでは生きていけないことに気がついてるはずなのに。

皆さんが頑張りすぎてしまった夜、今日も駄目だったなぁと情けなくなってしまった夜、何かを間違えてしまった夜、私たちの姿を見て、あなたたちもおんなじね、と呟いてもらえるドラマになればうれしいです。

■真山篤郎(まやま・あつろう)役/藤原季節コメント

――原作、または台本を読んだ印象を教えてください。

原作を読んで、純という存在を知れて良かったと思いました。こうやって誰も知らないところでたくさんの涙が流れているんだなと思い、胸が痛くなりました。脚本では、そういった登場人物の心情に寄り添いすぎないように、会話や人間関係を客観的に丁寧に描こうとしているところがすてきだと思いました。見た人によって自由に感想を抱ける作品なのかなと思います。

――今回演じられる役どころについて教えてください。

真山はいつもマスクをつけていて、プライドが高く、周囲との壁が厚い。その真山が純という人に出会って、真山自身知らなかった感情を知っていくのかなと思います。人が人を好きになるってすてきなことだけど、それ以上にとても苦しくて、悔しくて、かっこ悪くなってしまう。僕にも心当たりがあります。真山を演じながらその痛みを分け合えたらと思います。

■主題歌はI Don’t Like Mondays.(通称:アイドラ)の書下ろし新曲に決定

主題歌は4人組ロックバンド、I Don’t Like Mondays.の新曲「音楽のように」に決定。この楽曲は、ドラマ「それでも愛を誓いますか?」のために書き下ろされ、彼らが作詞・作曲・アレンジを手掛けた。

純と武頼のように、擦れ違う夫婦の心情を歌った切ない歌詞が、お洒落なサウンドとともに、ドラマのストーリーを盛り上げる。

■I Don’t Like Mondays.コメント

今回、主題歌を担当させて頂きました。「音楽のように」という曲です。ドラマで描かれている、夫婦における人間関係や、待ち受ける問題や葛藤、それらを受け、主人公の純と同世代である、僕らなりのラブソングを制作しました。この曲がドラマの中でどのような響きをみせてくれるのか、今から楽しみです。

■ドラマ「それでも愛を誓いますか?」あらすじ

結婚を機に仕事を辞め、専業主婦として生活を送っていた純(松本まりか)。結婚8年目で今も仲の良い夫婦だが、セックスレス5年目で子どもなし。

働きざかりの夫・武頼(池内博之)は真面目で仕事熱心だが、「子どもが欲しい」と伝えてもかわすばかりで、口論にすらならない。友人たちの出産の話題には素直に喜べず、だからといって夫婦の悩みを打ち明けることもできない。

思い描いていたものとは違う夫婦生活にいら立ちを感じていた純は、鬱々(うつうつ)とした生活を変えるために再就職を決意。契約社員として働き始める。

約8年ぶりの会社生活に戸惑いつつも、徐々に仕事に慣れていく純。家では武頼と擦れ違い、どこか満たされない純は、10歳年下の若手社員・真山(藤原季節)の素直さに癒やされていく。

その一方で、武頼の元に同窓会の案内が届く。そこで再会したのは、高校時代の元カノ・沙織(酒井若菜)だった。

思い合っているのに満たされない夫婦がそれぞれに悩み、揺れていく中で、仲が良かったはずの夫婦関係にもやがて変化が訪れる。