“朝ドラ”こと連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。8月30日より放送された第16週「若き者たち」では、主人公・モネこと百音(清原果耶)の幼馴染・亮(永瀬廉)がふいに東京に来て百音に秘めてきた好意を示し、視聴者を「菅波(坂口健太郎)との関係はどうなる?」とざわつかせた。大人の男性で医師の菅波、同級生で漁師の亮。百音をめぐる 2人のキャラクターの魅力を、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説。百音と同じ状況になった場合、アナタならどうする?(以下、一部ネタバレが含まれます)

■「モネ」は歴代朝ドラの“ドキドキ”ポイントを網羅
朝ドラのヒロインが 2人の男性の間で揺れることは少なくない。「あさが来た」ではヒロインあさ(波瑠)には申し分ない夫(玉木宏)がいるが、仕事で世話になっている五代友厚(ディーン・フジオカ)の眼差しに心を揺らした。

「純情きらり」ではヒロイン桜子(宮崎あおい※崎は「立つさき」)は婚約者がいる身ながら、姉の夫・冬吾(西島秀俊)と心の深いところで惹かれあっていた。

「なつぞら」では東京と北海道でそれぞれ別の相手と結婚したものの、ヒロインなつ(広瀬すず)にとって地元の心の友・天陽(吉沢亮)の存在は別格で……。

「モネ」の場合、この3作のハイブリッドである。「あさが来た」の五代があさに「私がハズバンドだったら……」と思わず言ったことがあるように「モネ」では亮が菅波の存在を知りながら百音に迫り、「純情きらり」の桜子と冬吾が特別な感情で結ばれているように、妹の未知(蒔田彩珠)から見たら百音と亮は「あの 2人は昔から通じ合って……」と感じる。

そして「なつぞら」のような幼馴染の強い絆が百音と亮にはある。このように歴代朝ドラのドキドキポイントを網羅している「モネ」。

だが気のおけない幼馴染の亮は百音に好意を抱きながら、震災で受けた傷が 2人を屈託ない恋愛には向かわせることはなかった。

■不器用な菅波、スマートな亮

百音もまた震災によって心に傷を受けたが、地元を離れ働き始めた登米で菅波と出会い癒やされていく。菅波も東京で仕事に失敗をしていてなかなか立ち直れずにいたが、百音によって救われていく。

亮も菅波も悩みを内に抱えている点では同じ。でも何かと反対なところが見受けられる。彼らの違う点を見てみよう。

亮は亀島の腕利き漁師のひとり息子として生まれ、中学3年までは明るく人気者。震災を経て家と船と母を失い自暴自棄になった父の代わりに進学を諦めて漁師になった。

父譲りで漁師の才能はある。女性に優しく細やかな気遣いがある。いつも微笑みを絶やさず、女性に手を差し伸べる。未知の背中にさりげなく手を回してフォローしたり、未知が新しい服を着てきたら「かわいいね」と声をかけたり。喫茶店に迎えに来た百音には「座れば」と促しメニューを開いて差し出す。

将棋の次の手が見えている有能な棋士のように先に先にとよく気が回る人物である。相手のことを立て過ぎて自分の本音を笑顔の裏に押し隠してしまうちょっと損なところがあるように感じる。

家庭の事情から漁師の仕事まで辞めたくなって、矢も盾もたまらず百音にすがるも、すでに心には菅波がいる百音は情にほだされなかった。

一方、菅波は東京と登米を行き来している医師。ぶっきらぼうで合理性を追求し過ぎるため周囲からは変わり者のように見える。忖度がないので時々、人を傷つけてしまう。

でも決して悪気はなく、むしろ親切で、やり過ぎるくらい親身になることも。例えば、百音との会話から誕生日を割り出して気象予報士の勉強用の本をプレゼントしたり、仕事の合間を縫って勉強にもつきあったりする。

明確な答えのあることは理路整然と説明できるが、曖昧なことに言及したり行動に出たりする“くそ度胸”はなく、百音にうすうす好意を感じながらなかなか意思表示ができない。一緒に帰ることも蕎麦屋さんでのランチに誘うことも気軽にできず、熟慮に熟慮を重ねたうえでようやく実行する。

不器用な菅波、スマートな亮。こうして見ると、亮のほうがお姫様気分を味わえて嬉しいような気もするが、菅波の毒舌に悪気がないとわかれば、その誠実さは安心感がある。どちらもそれぞれ良さがあり比較はできないからこそもどかしい。

■明暗を分けたコインランドリー

79話、80話では、正反対の亮と菅波の百音をめぐる明暗が描かれた。場所は同じコインランドリー。

亮は百音の腕をつかみ「わかってんでしょ」と挑発するように言う。自分への気持ちがなくてもいいから一瞬だけ慰めてほしいとすがる亮を百音は毅然と拒む。亮もそれ以上は踏み込まなかった。やっぱり紳士的である。

数日後、菅波がコインランドリーに現れ、百音を抱きしめることに成功する。「わかってんでしょ」と自分の気持ちを百音に突きつける亮に対して、菅波は「どうしたの?」とふいにタメ口でそして優しく百音の様子を聞く。

亮は喫茶店で百音に「座れば」と言うが、菅波はコインランドリーで「座っていいですか」と聞く。百音の腕を掴んで引き寄せた亮と、百音に手を触れられてそこから抱き寄せた菅波。

ひとつひとつが対比されているようで切なくなる。菅波と百音はこのうえなく微笑ましい関係だが、大好きな妻がふいにいなくなってしまったことで心が壊れてしまった父の姿を見て人を好きになることをこわがる亮にも、そんなことを言わずに幸せになってほしい。

朝ドラには真面目で誠実なヒロインの相手役は定番だが、亮のように刹那の欲望を吐露してくる人物は新鮮。

そういえば「あさが来た」では、あさの夫の新次郎を慕うあまり「めかけでもいい」と清原果耶演じる女中・ふゆが真剣にすがっていたことを思い出した。彼女の場合は刹那というよりは健気だったのだが。

清原は今回、本命でなくてもいいとすがられる役になったのだと思うと感慨深い。恋にはいろいろな形がある。