9月4日、東京・TOHO シネマズ 日本橋にて9月3日より全国公開された「劇場版 がんばれ!TEAM NACS」の公開記念舞台あいさつが行われた。TEAM NACSのメンバー・森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真と共に、堀切園健太郎監督がそろって登壇し、本作の裏側や胸中を明かした。

「がんばれ!TEAM NACS」は、TEAM NACSの結成25周年とWOWOWの開局30周年を記念したビッグプロジェクト。メンバーが戦隊ヒーローに扮(ふん)した「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」をはじめ、国民的グループを目指すための「NACS 新メンバーオーディション」など、数々の企画が繰り広げられてきた。

「劇場版 がんばれ!TEAM NACS」は全話を再編集し、放送では見ることのできなかった未公開シーンやメンバー5人の本音が詰まったインタビュー映像をたくさん盛り込んだ作品。

■音尾琢真が生き生き!その理由は…?

公開記念舞台あいさつでは、森崎の丁寧なトークに痺れを切らした大泉が、「すみません!この調子で順番に聞いていくんですか?」とMCに質問をする場面も。「だとしたら音尾から聞いてください。なんか、さっきから(質疑応答が)こっちまで来ないんです」と、トークの順番が後半である大泉自身と音尾の発言の少なさを嘆いた。

そんな中でも「大泉から行く?」と優しさを見せた音尾が、堀切園監督から尋ねられたのはオーディションシーンの“おっぱいジェンガ”にまつわる質問。

堀切園監督が「(音尾さんが)包帯を巻いていて、目だけが見えているんですけど、音尾さんがものすごく生き生きとしていて、舞台ではどのような心境だったのかな?と思いまして…」と聞くと、音尾はすかさず「リーダーの時と質問の重みが違いすぎません?(笑)」と返し、大泉を爆笑させた。

続けて、「どんな心境か…とても柔らかそうだと思いました」と心を込めて返答した音尾。また、堀切園監督から「あの時、自ら手を挙げてパッ!と出ていかれましたもんね」と明かされると、「そうですね。やっぱり近くで見たかったんです(笑)」と本音をポロリ。

戸次が、「ネットニュースとかで『音尾、巨乳を近くで見たかった』って、それが見出しで出るんだぞ!(笑)」と音尾に伝えると、会場からは拍手が起き、大泉を再び爆笑させた。

■「(チーム)から抜ける」が「(髪の毛)が抜ける」へ…

堀切園監督から戸次への質問は、戸次がきっかけとなる“解散シーン”にまつわるもの。堀切園監督は「(解散シーンの)カットがかかった後に入っていた第一声が戸次さんの『もういやだー!つらいー!』っていう言葉だったんですよね」と舞台裏を明かすとともに、当時の心境を戸次に尋ねた。

すると戸次は、「台本が本当に点でしか決まっていなくて、その間は完全にアドリブなんですよ。それで、自分たちの中でワードを探してけんかっぽいシーンを作るんですけど、この流れでいくと森崎さんが『解散』って言うのはちょっと無理があるな…っていう流れになっていたんですね。これはけんかの火種が僕ですから、まず『僕が抜ける!』って言ったほうがいいのかな?って現場で考えて、言ったのを覚えてますね」と、撮影を振り返った。

続けて、「根本的に解散はいやなんですけど、あそこに入ると役者モードになるので、どうやったらこのシーンが帰結を迎えられるかなみたいな流れを考えていったような気がしますね」と戸次が語ると、大泉から真面目なトーンで「俺、よくリーダーの前で『抜ける』って言ったなって思って。一番言ったらだめだよ。お前は抜けないんだから…」という、ボケが。

音尾も大泉のボケに乗っかり、「普通だったらね、髪の毛の流れになるよね。チャンスワードだよ」と、森崎の悩みに触れた。すると、すかさず森崎から「こういう時間がもったいない!」とツッコミが入り、この展開に会場に集まったファンも拍手。舞台あいさつでも終始、TEAM NACSのチームワークの良さを感じさせた。