Sexy Zoneの菊池風磨とSixTONESの田中樹が9月6日、都内・帝国劇場で開催された舞台「ドリームボーイズ」のゲネプロ&囲み取材に登壇。同期で親友の2人が共演の裏話を明かした。

2004年、滝沢秀明主演による初演以来、20代のジャニーズタレントによって演じ継がれてきた本作。これまで亀梨和也(KAT-TUN)、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、岸優太(King & Prince)らを中心に、毎年さまざまな組み合わせで演じられてきたが、2021年からメインキャストが一新され、菊池が初主演を務め、田中がボクシングのチャンプ役を務める。

今回、ジャニー喜多川さんがエターナルプロデューサー、前回に続き堂本光一が演出を担当。また、7 MEN 侍の中村嶺亜、菅田琳寧、本高克樹、佐々木大光、今野大輝、矢花黎、少年忍者のヴァサイェガ渉、川崎皇輝、北川拓実、織山尚大、黒田光輝、元木湧、安嶋秀生、内村颯太、深田竜生、檜山光成、平塚翔馬、青木滉平、豊田陸人も出演する。(※菅田は8月10日に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されて以来、療養に努めており、体調回復次第の出演となる)

■囲み取材会でもコンビネーションを発揮!

囲み取材会では、菊池は記者陣にゲネプロの感想を問われ、「今までこんなにワクワクした幕開けはなかったですね。舞台上で生きているなって感じがして、すごく楽しかったです」と感慨深い様子。

田中は「しっかり稽古をしてきましたが、幕が上がるまでは『帝国劇場で俺たちができるのかな?』という不安要素があって。けど、いざゲネプロをやってみたら、結構いいのができたな」と得意顔で明かすと、菊池が「やかましいわ!」と即つっこみ、記者陣の笑いを誘っていた。

2011年の「ドリームボーイズ」に、主人公の弟役で出演していた田中。当時から「チャンプはやりたい」と思っていたそうで、「それが叶ったり、風磨とライバル関係だけど、タッグを組んでステージに立てたりと、大きな仕事だと分かった上でそれ以外の個人的な感情がいろいろこみ上げてくるものがありました。この役は、自分の中でも一回りも二回りも大きくなっている思います」と感謝。

■稽古現場でのエピソードが飛び出す!

一方、2015年の「ドリームボーイズ」でチャンプ役で出演経験がある菊池。今回は主演としてこのステージに立つが、「懐かしいところもありながら、僕がチャンプの時に見てた僕の役がこんなふうだと、2方向からこの舞台を見ることができている感じがして、すごく新鮮でした」と口にし、「樹のチャンプを袖から見たり、対峙したりして、僕のチャンプのほうがちょっと良かったな」と告白。

田中が不満をちらつかせつつ「みんな違って、みんな良いと思います」と返すと、菊池は「ウソ、ウソ!樹の良さがすごくにじみ出ていて、対峙して歌ったりするシーンでは、グッときて、リハ場から泣きそうになっちゃうところもありましたね」とエピソードを披露。

中でも終盤の2人で手を組んで歌うシーンは特に感極まったそうで、菊池は「あそこは光一さんから、『風磨は感極まるような感じで、時に涙が溢れちゃうかもしれないけど、樹は温かいクールな感じで』と言われたときに、樹が『光一さん、無理です。泣いちゃいます』って言ってました」とぶっちゃけ。

すると、田中が「いや、ダメなんですよ!こいつが真面目にステージに立っているのを見ると、もう泣きそうになるんです」と言って記者陣を笑わせ、「リハ場では手を組んで歌うところでは、リハ場から泣いちゃうから『頼むから、俺と目を合わせないでくれ』ってお願いして。ゲネプロで初めてしっかり目があってグッときてしまって、まともに歌えなくなりそうになりました」と本心を告白。

それを受けて、菊池は「ゲネプロ終わって裏に履けたときの第一声が『お前、あそこのシーン、俺の顔見るなって言っただろ!』で」と田中の裏側を披露。

同日の夜に客を入れての初演がスタートするが、田中は「お客さんが入ると、やっぱりエネルギーをもらえる部分もあるので。稽古やゲネプロよりも、自分たちの感情も大きくなったりすると思うので、もしかしたら涙が流れるかも!?」と笑顔で答えていた。

舞台「ドリームボーイズ」は、9月6日〜29日(水)に東京・帝国劇場で上演。

※本高克樹の「高」は、はしご高が正式表記
※川崎皇輝の「崎」はタツサキが正式表記

◆取材・文・撮影=TAKAMI