今秋、TBSでの生放送が決定している「キングオブコント2021」の決勝戦へ進出する10組が発表された。決勝戦へとコマを進めたうるとらブギーズ、蛙亭、空気階段、ザ・マミィ、ジェラードン、そいつどいつ、男性ブランコ、ニッポンの社長、ニューヨーク、マヂカルラブリーは賞金1000万円を懸けて熱戦を繰り広げる。ファイナリスト10組から熱いコメントも到着。

■蛙亭コメント

中野周平:やりました! 念願の初決勝です。ここを目指して上京してきましたからうれしいです。東京に出てきてからイワクラが僕の扱い方のコツをつかんで、いい塩梅のネタが出来るようになったと思います。

普段から「絶対優勝する」「爆笑をとる」ってカマす癖のあるイワクラですが、今回は謙虚にカマしていません。いいのか悪いのかわかりませんが、言わないだけで秘めた思いがいっぱいあると思いますので、今回はいける気がしています。

イワクラ:決勝進出が決まって本当に良かったです。報告したい人がたくさんいます。大阪時代とやっていることは変わっていませんが、中野さんが謎に自信満々で東京に来たので決勝に行けたと思います。

また、去年、一昨年と他の芸人さんたちが準決勝で“爆発させている笑い”を見たときは勝てる気がしませんでしたが、今年は自分たちの中で一番よかったと思いますし、昨年とは違います。

ネタに関しても単独ライブをして時間をかけてネタを強くして、キングオブコントに向けた1年にすることができました。初の決勝、全力で優勝を取りにいきます!!