ケンドーコバヤシがMCを務める新番組「シモネタGP2021」(毎週金曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて全4回)が、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて9月10日(金)夜11:00より放送されることが決定した。

本番組は、お笑い界やマスコミ界において、「安易」「笑いのレベルが低い」などのレッテルを貼られてしまいがちな“シモネタ”のあらゆる可能性を肯定し、誰もが思わず笑ってしまうような“シモネタ”を、芸人たちが存分に披露しあう、“シモネタ”のお笑いコンテストで、老若男女問わず心を惹きつけ、すべての笑いの原点とされる“シモネタ”の祭典が3年ぶりに復活する。

2018年5月に初開催された「シモネタGP2018」では、かもめんたるが“初代シモネタチャンピオン”の座を手にし、同年9月に放送された第2回大会「シモネタGP2018シモ半期」では、どぶろっくが優勝した。

3年の時を経て、新たに始まる「シモネタGP2021」では、あぁ〜しらき、青色1号、アナログタロウ、入間国際宣言、ウエストランド、オダウエダ、カップルノテイ、クマムシ、ぐりんぴーす、紺野ぶるま、SAKURAI、瞬間メタル、ステゴンダ、トンツカタン、なすなかにし、にたりひょん吉、ニッキューナナ、日本エレキテル連合、島山ノブヨシ、ハナイチゴ、パニーニ、HEY!たくちゃん、モシモシ、ラブレターズ、ルシファー吉岡、ロビンフット、わらふぢなるおといった総勢27組の芸人が集結し、“シモネタ”の頂点を目指す。

そして、本大会の進行役には、前回に引き続き、数々のバラエティ番組で“シモネタ”を披露し続けるケンドーコバヤシが続投し、アシスタントにはグラビアアイドルの橋本梨菜が決定した。さらに、審査員には、チュートリアルの徳井義実、オアシズの大久保佳代子、イジリー岡田、元NMB48でタレントの三田麻央、ぴぐもんの5名が、芸人たちの“シモネタ”芸を真正面から審査する。

■橋本梨菜「今から楽しみです」

全4回放送となる本番組では、1週ごとに9組の芸人が出場する予選大会を3週にわたり開催し、審査員5名と観客の投票によって決まる各週の“上位3組”が、4週目に行われる決勝大会へと進出する。そして、最終回となる決勝大会で最高評価を受けた芸人が、「シモネタGP2021」“シモネタチャンピオン”となり、優勝賞金100万円を手にする。

9月10日(金)の初回放送では、カップルノテイ、クマムシ、瞬間メタル、なすなかにし、ニッキューナナ、ロビンフット、あぁ〜しらき、SAKURAI、ルシファー吉岡など、さっそくひとくせもふたくせもある個性派ぞろいの芸人たちが登場し、漫才、コント、歌ネタなど、さまざまなかたちで渾身の“シモネタ”を披露する。さらに、「M-1グランプリ」ファイナリストや、「R-1グランプリ」常連芸人など、2週目以降も実力派芸人たちが続々と登場する。

本番組の放送決定に、番組MCを務めるケンドーコバヤシは「もう二度とない大会やと思ってましたが、再び戻ってこられて、私、この場でもらしちゃいそうです!!(笑)」と意気込んでおり、アシスタントの橋本も「前回のものを見て、とてもおもしろかったので、どんなネタが生まれるのか、今から楽しみです」と、それぞれコメントを寄せている。