Huluオリジナル「死神さん」配信記念イベントが9月7日、都内にて開催され、主演の田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が登壇した。

大倉崇裕の小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を主演・田中×メイン監督・堤のタッグでドラマ化する本作は、“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯(しんし)に真実を明らかにしていく姿を描く痛快ミステリードラマ。

田中は、今回、自身のイメージを180度覆して“かつて類を見ない破天荒ダークヒーロー”を演じている「儀藤の変なキャラクターが見どころ」と手応えを感じている様子。

劇中では、目深にかぶる帽子と鼻のほくろ、前かがみでぼそぼそ話すスタイルがトレードマークだが、「原作を読んで、自分が儀藤をどう作ればいいのか、どうしようと思っていて」と悩んでいたといい、「衣装合わせで、監督から考えるポーズや、ホクロやかつらなどの見た目のイメージをもらって、その見た目から中身を作っていきました。正直、最初は『ホクロ、つけます?』って思っていたのですが、作品を見たらいい感じで、目立ってました」とニッコリ。

また、「(5話で相棒役を務める)竹中さんや2話で蓮佛美沙子ちゃんがゲストに来てくださるんですけど、『久しぶり!』みたいな会話で入りたかったんですけど、会った時に2人とも最初僕に気付かないっていう。みんな、儀藤の恰好を知らないから、『あっ、圭さんだったんですか!?』みたいな感じでしたね。大成功でしたね」と驚きのエピソードを披露した。

■堤幸彦監督「役者としていろんな意味で完全形」

前田も儀藤について「すごくシュール。(儀藤の)決めせりふは注目してほしい」とニヤリ。田中と度々共演経験のある竹中は、「圭ちゃん演じる儀藤が最高なんです。近づいてくるだけで圧迫感があり、普段の圭ちゃんと違い独特な語り口調で、それがたまらないです。圭ちゃんには参らされました」と田中の役作りで高揚したそう。

また、「特殊なキャラクターでもある儀藤を作っている圭ちゃんがめちゃくちゃチャーミングだったので、現場は楽しくて。近づいてくるだけでこんなにおかしい人だと、初めてこの作品で気付きました」と声を弾ませながら明かした。

また、堤監督も田中の儀藤を「完ぺきでした」と断言し、「20年前にオーディションで20個くらいの役を演じ分けてもらったことがあって、その時にこの人はなんでもできると思っていました」とその素質を絶賛した。

田中と堤監督とは、映画「包帯クラブ」(2007年)以来、実に14年ぶりの再タッグ。主演と監督として向き合うのは今回が初となるが、田中は「すごく楽しみにしていました。現場に入って、堤さんの遊びながらどんどん追及する姿はすごく刺激でしたし、学ぶことも多くて。ステキな現場でした」としみじみ。

一方、堤は田中と今回仕事をし、「数々の作品にずっと途切れることなく出続けている意味が、よく分かりました」と言い、「演出の立場から見ると、役者としていろんな意味で完全形なんです。今回、一緒に遊び心たっぷりでやらせていただきましたけど、『恐るべし、田中圭』といった感じですね。最後までずっと走り続けてもらって、満足でした」と熱のこもった言葉で賞賛していた。

◆取材・文・撮影=TAKAMI