渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)の3人が主演を務めるドラマ「イタイケに恋して」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の最終話が、9月9日(木)に放送となる。

同作は影山(渡辺)、飯塚(菊池)、マリック(アイク)の不器用でモテないこじらせ男子3人が、「ブル美」のニックネームで活動する恋愛インフルエンサー・佐知(石井杏奈)の助手として恋愛相談の解決に奮闘する物語。

影山の元カノ・結花(石川恋)、謎の恋愛AIシミュレーター六郎さん(升毅)らも交えて、ちょっぴりイタくて、ちょっぴりカワイイ男子たちを見守らずにはいられない“イタきゅん”ラブコメディーが展開される。

最終話では、佐知が「恋愛サイエンス総合研究所」の解散を告げ、姿を消してしまう。影山ら3人は、悩んでいる佐知の力になりたいと必死に彼女を捜す。

公式サイトで見ることのできる最終話の予告動画や先行カットでは、「佐知さんの悩み、話してくれませんか…?」という影山の言葉に、「うるさい!解散って言ったら解散なの!」と言い、悩みを相談できずにいる様子の佐知や、研究所の解散パーティーで、KORUKUの姿で歌唱する影山の姿、さらに、飯塚が佐知をバックハグする姿などが公開されている。

■最終話あらすじ

佐知(石井杏奈)が、研究所を解散すると宣言。突然のことに影山(渡辺大知)、飯塚(菊池風磨)、マリック(アイクぬわら)が混乱していると、六郎(升毅)が3人に、佐知が恋愛の研究をすることになった経緯を語りだす。

佐知にとって、恋愛は苦しみの源だった。彼女は、修士論文を放り出して姿を消してしまったのだ。六郎は、苦しんでいる佐知を救ってほしいと3人に頼む。

3人と六郎は、佐知の行方が分かる手掛かりが残っていないか、手分けして探すことに。すると、3人は書きかけの修士論文を発見。そこには佐知の苦しみが感じられる言葉が綴られていた。

佐知の力になりたいと必死に彼女を捜す3人。海辺にいた佐知を見つけた影山は、「僕たちに佐知さんの悩みを解決させてください!」と告げる。

3人と一緒に研究所に戻ってきた佐知だったが、影山に恋してしまったとは言えず、悩んでいないと言い張る。3人は何とか佐知の悩みを聞き出そうとするものの、うまくいかない。

そんな中、影山が解散しようと言い出し、飯塚とマリックを驚かせる。影山は、解散前に「お別れパーティー」を開くことを提案。最後にみんなで言いたいことを言って楽しく騒いでいるうちに、佐知も悩みを言いたくなるかもしれないと考えたからだった。

飯塚は、佐知に告白すると意気込む。一方、影山は、結花(石川恋)もパーティーに呼んで、自分の気持ちに決着をつけるつもりだった。

それぞれが打ち明けたい思いを抱きながら、研究所解散のパーティーがにぎやかに始まる。