黒木華と柄本佑がダブル主演を務める映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」(2021年9月10日[金]公開)の新たな場面写真とイラストが解禁された。今回公開された写真は、柄本演じる早川俊夫が自分自身の漫画を描いていた頃の姿とそのイラスト。イラストは劇中漫画を担当したアラタアキが描いたもので、劇中では使用されていない貴重なカットとなっている。

同作は「嘘を愛する女」(2018年)や「哀愁しんでれら」(2021年)といったオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」で準グランプリに輝いた作品の映画化。漫画家の妻が不倫を題材にした漫画を描き始めたことから始まる、夫婦のうそと本音が交錯する心理戦を描く。不倫をテーマにした新作を描く漫画家の妻・佐和子を黒木、同じく漫画家で、佐和子の担当編集と不倫をする夫・俊夫を柄本がそれぞれ演じる他、佐和子が通う自動車教習所の先生役として金子大地、佐和子の担当編集者・千佳役として奈緒、佐和子の母親役として風吹ジュンらが脇を固める。

■劇中漫画を手掛けたアラタアキによる“幻のイラスト”が公開!
公開された場面写真は髪を結った俊夫が真剣なまなざしで漫画を描く表情が印象的で、佐和子の手伝いをしている時とは違う一面を垣間見ることができる。一方、その俊夫が自分自身を描いたというイラストは、劇中漫画を手掛けたアラタアキが作成した、映画では見ることのできない“幻のイラスト”となっている。

■堀江貴大監督 コメント
衣装合わせの時、柄本佑さん演じる漫画家・俊夫がかつて人気連載作家として執筆をしていた頃「どんな風貌をしているのか?」という話になりました。その時に柄本さんご自身が試しにとガシッと髪をかき上げてちょんまげにしてみたら、その場にいたスタッフ一同の満場一致でちょんまげ頭に決まりました。

衣装は、ビビットな色合いで派手な柄シャツにすることで、売れっ子作家のエネルギッシュさと若さを感じさせるものに決まりました。いざ撮影に入ると、ちょんまげ頭で額があらわとなったことで、よりくっきりと映えた柄本さんのペン先への鋭いまなざしが、俊夫の漫画に対する情熱と執念のようなものを感じさせてくれました。「この俊夫になら、佐和子はきっと恋をできる」そう思わせてくれる無言の迫力がありました。

余談ですが、柄本さんは撮影現場でヘアメイク衣装部の皆さんから「殿!」と呼ばれてましたが、それはこの髪型がゆえんかもしれません(笑)

■アラタアキ コメント
黒木華さんは仕上げのホワイトを入れるシーン、柄本さんはトーンを削るシーンを撮影する時に立ち合わせていただきました。お二人とも作業する姿がなじんで見えて驚いたのを覚えています。まるで実際に描いているような視線の動きだったり息遣いで、自然な美しいシーンになっていてすてきでした!

自身の原稿がお二人の手で目の前で仕上がっていく様子に感動しましたし、初めての映画の撮影現場でとても貴重な経験をさせていただきました。

■映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」あらすじ
結婚5年目の夏、夫が不倫をした。そんな中、漫画家・佐和子(黒木華)が新作漫画のテーマとして決めたのが「不倫」だった。そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者と不倫をしていた俊夫(柄本佑)は精神的に追い詰められていく。さらに、物語は佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく。