白洲迅が主演を務める、9月16日(木)よりMBSドラマ特区枠でスタートのドラマ「どうせもう逃げられない」(毎週木曜深夜0:59ほか、MBSほか)のポスタービジュアル、主題歌が解禁。さらに、追加キャストが発表となり、小林涼子、本田望結、白石隼也、一ノ瀬竜の出演が明らかになった。

同作は、小学館「プチコミック」にて連載された一井かずみの漫画「どうせもう逃げられない」の実写ドラマ化。主演の白洲演じる恋に本気になれない男・向坂拓己と、横田真悠演じる不器用なほど真っすぐな女の子・野田蔵なほのピュア・ラブストーリーを描く。

今回、4名の追加キャストが発表。拓己の幼馴染で兄の亡妻、向坂ちはる役を演じるのは、映画やドラマでさまざまな役柄を見事に演じ分け演技力に定評のある女優、小林涼子。拓己の義妹の向坂翼役を、女優でフィギュアスケーター、歌手としても活動する本田望結。なほの元上司の粕谷誠一役を、ドラマや舞台のほかショート・フィルムの監督・脚本に挑戦するなど活躍の場を広げる俳優、白石隼也。そして、なほの就活仲間の島津悟役を、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などで人気の一ノ瀬竜が演じる。

また、ポスタービジュアルは、一筋縄ではいかない拓己と不器用なほど一途ななほのラブストーリーの世界観を表す、魅力的なビジュアルに。

そして、オープニング主題歌は、SNS・インターネットコミュニティで世界的な支持を受けるアーティストで女性ボーカリストのメイリアとコンポーザーtokuによるユニットGARNiDELiAの「春がきたよ」。エンディング主題歌は、シンガーソングライター・ももすももすの新曲「サーモクライン」に決定した。