9月23日(木・祝)公開の映画「空白」で主演を務める古田新太、寺島しのぶ、吉田恵輔監督が“くうはく”にちなんだ9月8日、都内で行われたプレミアトークイベントに出席。全身“白”の衣装に身を包み、“白”に統一された会場で作品の見どころなどを語った。

本作は、現代の“罪”と“偽り”、そして“赦し”を映し出したヒューマンサスペンス。スーパーで万引きしようとしたところを店長の青柳(松坂桃李)に見つかった女子中学生・花音(伊東蒼)が、逃走し車にひかれ死んでしまう。彼女の父・充(古田新太)は、せめて娘の無実を証明しようと店長を激しく追及するうちに、言動がエスカレートし、関係する人々全員を追い詰めていく。

■古田「“何で俺なの?”と思いました」

まず、イベントのMCを務める映画プレゼンターの赤ペン瀧川ならぬ“白ペン瀧川”が、スライドを使用し作品を解説。「この世の地獄が大集結でございます!しかしラストには、胸が熱くなり大号泣の超オススメの傑作」と軽妙な語り口で感想を述べた。さらに、注目ポイントとして「怒れる父と謝る店長、人生が激変した二人の男」を挙げたほか、登場人物の中では、寺島演じる麻子(あさこ)が「最も恐ろしいなと思った」と言い、彼女は「異常なほどの正義感を持った無敵のパートタイマー」だとユーモアを交えながら語った。

そんな本作への出演について古田は「“何で俺なの?”と思いました。一つもふざけないんですよ」と話し、出演の決め手は「スケジュールが空いていたので」と冗談を飛ばしながら回答。

それに対し、吉田監督は「本を書いているときにソン・ガンホをイメージして書いていて、日本のソン・ガンホというと、古田さんがパッと浮かんで…。どうも、スケジュールが空いているということで決まりました(笑)」と笑顔で返した。

一方、寺島は「正直あまりやりたくない役ですよね。すごいキャラクターじゃないですか。でも、監督のお話を聞いてやる気にさせられたんだと思います」と、脚本に引かれたことを告白した。

■飲みの誘いに「桃李だけ来てくれなかったんです」

古田が激しく追求することになるスーパーの店長を演じる松坂桃李について、古田は「素直なお芝居をする人だなと思っていて、現場に入ったらその通りだったので安心しました。ただ、僕はみんなと飲みに行くんですけど、飲みに行こうよと言っても、桃李だけ来てくれなかったんです。たぶん、役に入り込んでいたんだと思います。僕と仲良くしちゃいけないと…」と嘆き、瀧川から、オールアップ後に飲みに行ったのかと聞かれるも、「行ってくれなかったです」としょんぼりした様子だった。

また寺島は、松坂について「もうちょっと違う役で出会いたかった」とこちらも残念そうに語り、「(麻子は)彼を守るために頑張っている人で、その熱量が過剰過ぎたのかな。ちょっとアプローチをかけても、桃李くんが引く感じがお芝居をしてもすごくよく分かったので、常に切ない感じで撮影していました」と心情を明かした。

さらに古田が、「僕としのぶちゃんが言い合いをするシーンがあって、その間に桃李が割って入らなきゃいけないんだけど、おどおどしているんですよ」と明かすと、吉田監督は「桃李からしてみたら、“ゴジラ対コング対スーパーの店長”みたいな座組になっちゃってるから、気の毒でしょうがなかったです(笑)。でも、カットがかかったらいつもホッとした顔でニコニコしていました」と松坂の様子を語った。

■古田「いろんな意見が聞きたくなるような映画です」

最後に、古田は「面白い作品に仕上がりました。僕はあまり、そんなこと言わないんですけど、この作品はたくさんの人に見ていただきたいです。答えが一つではないと思うので、本来なら、映画を見たあと居酒屋に行って、いろいろな話をしていただきたいですが、いろんな人に見ていただいて、いろんな意見が聞きたくなるような映画です」と自信をみせた。

寺島は「和気あいあいとした現場なんですけど、出来上がりはとても緊張感のある素晴らしい作品になっていると思います。決してスカッとする映画ではないですけど、何か心に火が付けばいいなと思っています」とコメント。

吉田監督は「芝居ってこういうことなんだと、経験したことのない感覚をこの作品で感じました。それは映画の中にも宿っていると思うので、それだけでも見る価値があるんじゃないかと思います」と語り、イベントを締めくくった。

※吉田監督の「吉」は正しくは「土に口」