ザ・マミィが、9月9日放送の「ダウンタウンDX」(毎週木曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)に登場。「全て見せます!ウチの事務所大公開SP」と題した今回は、所属事務所の違う5組の芸人が集結。それぞれの事務所の好きなところや直してほしいところなどを語る。WEBザテレビジョンでは、ザ・マミィにインタビューを実施。人力舎代表として出演したザ・マミィに、収録を終えての感想や、人力舎を選んだ理由などについて聞いた。

――収録を終えて、感想を教えてください。

林田洋平:独特の緊張感がありましたね…(笑)。 (スタジオの)前室で浜田(雅功)さんを近くで見たことで、さらに緊張しました。

酒井貴士:今回は2回目の出演だったので、前回よりは落ち着いてできたかなと思います。前回は緊張しすぎて方向感覚を失って、五木ひろしさんの楽屋を喫煙所と間違えて入りそうになっちゃったんですよ。初めてのダウンタウンさんだったので、それくらい緊張していて。

前回は、用意した話を一つもきちんと話せずに、大汗をかいて終わっちゃったんです。だから今回は口数を減らして、結果として2回しゃべりました。台本上では、(話すところが)1カ所だったんですけど、本番では2カ所行きましたから。成長を感じました。

林田:これをダウンタウンDXのスタッフさんが読んで、成長ととらえているのかと思われたら嫌ですけどね(笑)。

――他の事務所の話を聞いてうらやましいと思った点はありますか?

林田:他の事務所は“変な人”というか、キャラが強い人がいるので、うらやましいなって。吉本(興業)でいうと、「師匠が…」とか、そういうエピソードがあるのはうらやましいなと思います。それと同時に、人力舎の良さも感じました。先輩・後輩の関係性が良い意味でゆるいので、やっぱり居心地がいいですね。

――お二人が人力舎を選んだ理由を教えてください。

林田:まず、吉本は怖かったので排除して(笑)。その後いろいろな事務所を見ていたら、好きな芸人さんが多かったのが人力舎だった、っていうシンプルな理由です。

酒井:僕も、吉本所属の芸人さんのように前に出ていくのは無理だと感じていて。そんなときに見に行ったライブで、岡野陽一さんを見たんです。その時に、この事務所(人力舎)にしようって決めました。

――収録の中で、おぎやはぎ・矢作兼さんが事務所のキーパーソンだと話されていましたが、お二人は矢作さんに相談などをしたことはありますか?

林田:テレビとか舞台とかいろいろな活躍の場がある中で、これからどういう風にやっていったらいいか、っていうぼんやりとした相談をしたことがあります。その時に、矢作さんが「自分たちはテレビの道を選んだけど、舞台を軸としてやっていく生き方もかっこいいよね」っていう感じのことを言ってくれて。いろいろなことを肯定してくれる、優しい先輩だと思います。

酒井:僕らの何がはまったのかわからないんですけど、「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)によく呼んでくださったり、カニを食べさせてくれたりしますね。

――同じ人力舎所属の芸人さんの中で、意識している方はいますか?

酒井:やっぱり岡野さんですね。今、岡野さんがすごく忙しいみたいで、岡野さんからあふれた仕事が僕に回ってきます(笑)。

林田:こぼれ仕事をもらっている感じだよね(笑)。岡野さんと酒井は顔もほぼ同じだし、いずれクズ芸人として登り詰めていった先で、一つの椅子を取り合うことになるかもしれない(笑)。あと、吉住さんと仲がいいですね。僕ら3組で一緒にライブをやったこともあります。仲間でありライバルです。

――コントでは酒井さん扮する強烈なキャラクターが印象的ですが、そのキャラクターはどのように考えているのでしょうか?

林田:酒井はいわゆる普通の人を演じることができないので、ネタを作る段階から、自然とそういうキャラが出来上がっていきます。僕らのネタは、酒井を通してそのキャラクターをやらないとただの会話になっていることも多いので、「台本だけ読んでもよくわからない」って言われることもありますね。

酒井:以前、ショートドラマのお仕事をやらせていただいたときに、スタッフの方から「やり過ぎだよ!」って言われたことがあって。僕の中では真面目に演じていたんですけど、体が自然に動いてしまっていたみたいです。僕は意識しているわけではないんですけど、ちゃんと演技しようとすると、逆に変になってしまうことがありますね。

林田:だからコツがあるとかではなく、酒井ありきでキャラを作っている感じです。

――次に「ダウンタウンDX」に出演するとしたら、どのようなテーマで出演したいですか?

林田:今回みたいに芸人がたくさん集まる形式も楽しいんですけど、いろいろなジャンルの人が集まっている中での芸人ポジションが僕たち、っていう座組も体験したいですね。“ゴリゴリのダウンタウンDX”みたいなところに入ったら、ここまで来ることができたか、って感じると思います。

酒井:そうなったら、(収録の)前日は緊張で寝られないよ?

林田:確かに緊張はすごいかもね。

酒井:昨日は寝られた?

林田:昨日は…寝られました(笑)。舐めてるように思われるかもしれないですけど、そういうわけじゃないです(笑)。

酒井:僕も8時間寝ました。

林田:(笑)。しっかり寝てるじゃん。

――今後の目標を教えてください。

林田:キングオブコントなどの賞レースで結果を残したいですね。やっぱり賞レースを獲っていると、そこにいる理由になるじゃないですか。僕らは名刺代わりになるものをまだ持っていないので、獲りたいですね。

酒井:個人的な目標なんですけど、トークが面白いって思われたいんです。今は、面白がっていただくことはあるんですけど、それは僕の理想形とは違って。困っている姿を見て笑われるんじゃなくて、面白い話で笑わせられる人になりたいですね。

林田:本当は誰みたいになりたいんだっけ?

酒井:博多華丸大吉さん。ワードを聞き出したりするのがお上手じゃないですか。

林田:ずっと言ってるよね(笑)。

酒井:そしたら僕らでMCとかできるかもしれないじゃん。

林田:その弊害で、酒井はよく分からない四文字熟語を急に言ってきたりするんです。かっこいい笑いの取り方をしたいのか分からないんですけど(笑)。

酒井:四文字熟語の意味も分からずに、それっぽいことを適当に言っています。

林田:雰囲気で(笑)。その結果、全然ウケなくて、焦って汗をかくっていう元のスタイルに戻っているんですけどね(笑)。

酒井:ゆくゆくは「(人志松本の)すべらない話」(フジテレビ系)に出て、「MVS」を獲りたいです。