グラビアアイドル・赤羽ももが、Gカップのバストを武器に活躍中。ソフトボールに熱中した学生時代やギャルサーに所属していた時期など、彼女の過去に迫るインタビューを実施した。

学生時代はソフトボールに熱中するスポーツ少女で、その後はヤマンバギャルメークでギャルサーに所属、さらにコスプレイヤーとしても活動していた赤羽。また、美容師免許や簿記検定2級、衛生管理士にジェルネイル検定中級などの多種多様な資格も持っている。

そんなギャップ満載の赤羽とは、いったいどんな人物なのか。スポーツ少女からギャルに変遷し、コスプレイヤー、グラビアアイドルとして活動するようになったことなど、さまざまなことを語ってもらった。

■小4からソフトボール一筋に

――赤羽さんはコスプレイヤーとして活動されていますね。

アニメとかゲームが好きだったんです。普通に「コミケ」とかのイベントにキャラクターのコスプレして行くのが趣味だったんですけど、だんだん企業コスプレイヤー(※法人から依頼を受けてコスプレすること)でもやりたいなぁって思い始めたんです。今では企業の方からご依頼をいただいて、コスプレすることも増えました。

――どんなアニメを見ていたんですか?

「ブリーチ」でちょっとハマり始めて、「卍解」とか(笑)。キャラクターがみんな大好きで。でも、小4から地域のクラブにあったソフトボールを始めて、そこからはもうソフトボール一筋の生活でした。土日はその練習があったりとかで、アニメとかを見ている時間がなかったんですよ。

――小学校高学年からスポーツ少女になっていくんですね。

何かに熱中しやすくて、いわゆるオタク気質は持っていたのかな。ただそれがアニメじゃなくて、ソフトボールに向いちゃいました(笑)。

――そもそもギャルになったのはいつから?

実は中学生のときからギャルに憧れていて、高校は絶対にミニスカ履いて超ギャルになりたいって思っていたんです。でも、中学校までソフトボールしかやってこなかったから、マジで頭が悪すぎて入れる高校がなかったんですよ。

それで、スポーツ推薦で高校に行くしかなかったので、ソフトボールを継続しなきゃいけない羽目に…。なので、高校でも全くギャルになれなかったんですけど、東京に出てきてはじけたって感じです。

――推薦で行けるということは、ソフトボールは良い成績を出していたってことですね。

そうですね。中学校がすごく強いチームで、常に県大会上位にはいました。高校は推薦だと二つ選べて、一つはガッツリとソフトボール漬けの生活で、ショートカットにして寮に入らなきゃいけないっていう高校。もう一つは普通にゆるっとやれるところがあって、ショートカットになりたくなかったから、ゆるっとやれる方に入りました。

――レギュラーにはなれたんですか?

2年生のときからレギュラーでした。中3くらいからバッターボックスに入るのがめっちゃ楽しかったんです。絶対に打てる自信しかなさすぎて、もう本当に楽しいみたいな。なんなら一番好きだったのが、「4番フォアボールでウチ」って場面が超好きでした。ネクストバッターのとき、早くフォアボールになんないかなぁって思っていましたね。

――それだけ自信があったということは、よっぽどうまかったんですね。

先輩より私の方ができちゃったんです。当時、私は本当に先輩をなめ腐っていて「先輩もうまくないくせに、いちいち言ってくんじゃねぇよ」みたいな感じでツンケンしていて。先生とも合わなくて「私だったらここはバントのサインを出すのに、なんでバントじゃないの?」とか。高校のときは荒れに荒れて、適当に部活もやっていましたね。

でも、実は中学1、2年生のときはマジでソフトボールができなかったんです。運動神経が良い方ではないので、周りは「小学校でやってきていたのに大してできないじゃん」みたいな感じだったんですよ。先生からも「お前はスポ小上がりのくせに」って言われて。それがめちゃめちゃ嫌でした。

――それは嫌ですね(笑)。

その時、先輩からも結構いじめられていた感じだったので、絶対にその先輩を見返したくてめっちゃ練習しました。家が小学校に近いんですけど、部活がオフのときはグラウンドに行ってお父さんと練習したりとか。あと、家にバッティングネットがあるので、お父さんにトスを上げてもらって打ったりとか。

■不良の男子と付き合って反抗期に

――悔しさをバネに練習してうまくなったんですね。学生生活はどうでした?

どうだろう? 中学の部活の顧問がめちゃくちゃ良い先生だったから、真っ当に生きられたみたいなところはあります。私が不良の道に逸れていきそうなところを、結構止めてもらいましたね。恩師です。いまだに大好きです。人生で一番感謝している人です。

――道を踏み外しそうになったんですか?

当時は不良の男の子と付き合って反抗期でした。よく夜遅くまで遊んでいましたね(笑)。それこそ、練習とかもしなくなったし。

――そういう時期もあったんですね。

ありました。頭が悪すぎて塾に通わせてもらっていたんですけど、行く前に親が軽食を用意してくれるんですよ。親が「塾がんばりな」とか言ってくれるんですけど、そのパンを親の顔面にめっちゃ投げたりとかして。その時のことを思い出すと、本当に自分でも胸が痛いです(笑)。今となると「ママごめん」って、恩返ししたいなとは思っています。

――コスプレイヤーとして活動を始めたのは21歳ぐらいのときですね。

その時はまだギャルで、ギャルサーに入っていたんですよ。頭の色は蛍光ピンクで、ロングスカルプ(※ネイル)の3倍マックスとか付けていました。先輩はポスカでハイライト描いたり、マンバ系のメークとかしている人もいましたね。それで、その時の先輩がコスプレをやっていて、それで「いいなぁ」って思ってやり始めたのがきっかけです。

――その後にイベントにコスプレで参加したり?

行っていました。「コミケ」で写真を撮ってもらうのいいなぁって思って、「ウチもしよう」って一人で始めることに。私はコスプレを知ったのが遅かったので、高校生とかからやっている子を見ると「うらやましいなぁ」ってなります。

――ギャルっぽいキャラとかのコスプレが得意そうですね。

逆にその時はギャルには興味なかったですね。一回ギャルだったからギャルが恥ずかしいみたいな。黒歴史すぎて言えなかったです(笑)。初めてのコスプレは、当時「ラブライブ!」がはやっていたので、高坂穂乃果ちゃんのコスプレをしました。「かわいい衣装着たーい」みたいなのがあったので。

■アニメの実写作品に出てみたい

――グラビアアイドルとしても活動を始めたきっかけは?

コロナで自粛しているときにチェキ販売をしたんですけど、ただのランジェリーとかを着たチェキが売れたんです。コスプレ写真を上げてもDMで「コスプレじゃない方が好きです」「普通の方が好きです」みたいなことをめっちゃ言われるようになって(笑)。

それから、YouTuberの禁断ボーイズさんとコラボさせていただいたときに、フォロワーがめちゃくちゃ増えたんです。それで「あ、こっち路線なのかなぁ」って気付いたみたいな。

――今はグラビア一本ですね。

そうですね。グラビアの方でやっていきたいかなぁ。アニメも好きなので、コスプレもすごくしたいんですけどね。

――今後はどんな活動をしていきたいですか?

すごくやりたいのは、アニメの実写作品に出てみたいです。ゾンビ役をやってみたいです、ひたすら変顔みたいな感じで(笑)。女優になりたいっていうよりは、そのキャラクターになりたいっていう方が強いかも。

――グラビアやりつつ、2.5次元方面での活動したいと。

はい! 胸の大きなセクシーな人の役をやりたい!

◆取材・文=鳥羽竜世