山本耕史主演で、BS時代劇「剣樹抄〜光圀公と俺〜」(夜8:00-8:43、NHK BSプレミアム)が11月5日(金)に放送スタートすることが発表された。同作は、冲方丁の小説「剣樹抄」が原作で、「天下の副将軍・水戸黄門」として、誰もが知っている徳川光圀の若き日の活躍を描く。山本演じる徳川光圀が、父を殺され天涯孤独となった無宿の少年とともに、明暦の大火を引き起こしたの火付け犯を追う、徳川時代版「明智小五郎と少年探偵団」の時代劇。光圀の正室・泰を松本穂香、火付け犯の氷ノ介をNEWSの加藤シゲアキ、剣豪・柳生義仙を舘ひろし、仏師・吽慶を石坂浩二が演じる。

脚本を「初めて恋をした日に読む話」などを務めた吉澤智子が担当する他、主題歌がPYGの「花・太陽・雨」と決定している。

■BS時代劇「剣樹抄〜光圀公と俺〜」あらすじ
若き徳川光圀(山本)は、無宿の孤児・了助(黒川想矢)と出会い、彼の木刀による必殺剣法に驚き隠密組織『拾人衆』に誘う。『拾人衆』は優れた特技を持つ孤児たちで、それぞれの特殊能力を生かし諜報活動を行い、犯罪者を捕える手助けをしていた。

光圀は拾人衆の協力を得ながら、「明暦の大火」を引き起こした火付け一味の首領が、錦氷ノ介(加藤シゲアキ)であることをつかむ。そして氷ノ介はなんと光圀が慕う仏師・吽慶(石坂浩二)の息子であった。
吽慶は悪の道に堕ちた氷ノ介をわが手で成敗するために生きていたのだった。徳川打倒を目指す氷ノ介との激しい闘い。光圀を案じた妻・泰(松本穂香)は、剣豪・柳生義仙(舘ひろし)に助けを求める。