映画「総理の夫」完成披露試写会が9月8日に都内で開催され、田中圭、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、片岡愛之助、岸部一徳、河合勇人監督が出席した。

田中と中谷がW主演を務める本作は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの25万部超えベストセラー小説が原作。日本初の女性総理とその夫・“ファーストジェントルマンの誕生”といういまだかつてない世界を描くヒューマンコメディーだ。

大財閥生まれの世間知らずなお坊ちゃんにして、鳥オタクのファーストジェントルマン・日和と、才色兼備&完全無欠なカリスマ女性総理・凛子という凸凹夫婦を演じる田中と中谷。

女性初の総理を演じた中谷は役作りについて、「監督のこだわりでもあり、私自身の思いでもあったのが、ヒステリックにしかめっ面をして主義主張をするのは今の日本では無理だということ。世界中にたくさんいる女性リーダーたちの怒りをぐっとこらえて、いつもほほ笑みを絶やさなかったり、穏やかな口調で話しをしたりする姿を参考にしました」と言い、「あとは日和くんが隣にいてくれたので、日和くんの優しさに包まれていたら凛子になりましたね」とニッコリ。

■貫地谷しほりが明かす撮影現場での田中圭

一方、巻き込まれ型の主人公を演じたが、田中は「何もしない主人公ってなかなかいなくて。僕は台本を読んだ時に、それがすごくうれしかったでんです」と満面の笑みで明かし、現場で共演者の芝居を受けるときは、「なるべく日和100%で返そうと思ってはいた」と回顧。

だが、「皆さんの芝居が面白いと、つい俳優・田中圭として出したくなっちゃうんです。何もしないと何もしないで、これでお芝居ができているのかなと不安になって」とついつい役者魂があふれ出てしまっていたと言い、「そんな技術合戦みたいなことを一瞬でも頭にちらつかせてしまったら、田中圭を封じ込めて、日和としてニュートラルにいるように心がけていました」と現場での役作りについて振り返っていた。

ドSな日和つきの広報担当を演じた貫地谷は、共演シーンが多かった田中について「優しいんです。私が間違えると、すごくそれを盛り上げてくれて、私は緊張せずにできました。いろんな人をサポートしてます」と賛辞の言葉を。

また、貫地谷が「劇中に関係ない話ばっかりしていて。すごく覚えてるのは、田中さんと中谷さんと3人でずっと栄養の話をしていました」と口にすると、中谷も「貫地谷さんと私はサプリメントヲタク。お互い、日焼けしない、美白のため、ニキビ対策など、サプリメントを大量に持ってきていました」と当時を回顧。田中は貫地谷にすすめられたサプリメントを今でもとっているそうで、「調子は超いいですよ。ありがとうございます」と感謝していた。

◆取材・文・撮影=TAKAMI