9月10日(金)放送「人志松本の酒のツマミになる話」(毎週金曜夜9:58-10:52、フジテレビ系)のゲストに、秋元真夏(乃木坂46)、狩野英孝、中島健人(Sexy Zone)、水野美紀が登場。MCを務める松本人志、千鳥と円卓を囲み、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う。

秋元は、「“芸能人のプライド”が邪魔をすることってありませんか?」と問いかける。秋元は買い物に行く際、たとえその店に欲しいものがなくても、“自分は芸能人”というプライドからつい何かを買ってしまうという。

この話題に中島は、“かっこいい先輩でありたい”というプライドから、「後輩のコンサート会場に行くときは、乗るタクシーにもこだわっている」と明かし、その場をざわつかせる。そのこだわりのために「表参道で30分タクシーを待ったこともある」と語ると、松本は腹を抱えて大笑い。山崎弘也も「それは“プライド”って言うの?」とつっこむ。
■水野美紀、家庭の不満を語る
さらに、水野は「夫が根拠のない主張をすることに腹が立っている」と切り出す。キッチンやたんすの一番上の引き出しに何を入れるかなど、ささいなことで夫ともめるそうで、不満が止まらない水野を、柴田英嗣は「水野さんが何を入れようとしているかによる」となだめる。

そして水野が「一番上の引き出しにしまうのは…」と例を挙げると、松本は目を丸くして「絶対違うな」と驚がく。動揺した水野は次々と“収納するものリスト”を挙げるが、一同からの共感を全く得られず「予想していた反応と全然違う!」と慌てる場面も。

その他にも、狩野が悩む“芸人のキャラ被り”の話題やゲストたちの“プチ自慢大会”で盛り上がる。