A.B.C-Z・橋本良亮が単独初主演を務める、7月期ドラマ「痴情の接吻」(毎週日曜夜11:25-11:55、ABCテレビ[関西ローカル]/テレビ朝日では毎週土曜深夜2:30-3:00)の第8話が、テレビ朝日で9月11日(土)に放送される。

同ドラマは、雑誌『プチコミック』(小学館)に連載中の累計140万部を突破した人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリー。ドイツ帰りのハイスペック男・上条忍を橋本が、上条が唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村ゆりかが演じる。

これまでの放送では、上条(橋本)から一心に注がれる愛情を、いまだに受け止め切れない和華(中村)の戸惑いや裏腹な態度、また、高校の同級生・岳(井上祐貴)との再会によって再燃する三角関係が描かれていた。

そんな中、上条の提案で二人旅に出た和華は、上条が家から持ち出したアルバムをきっかけに、自分にとって上条がいかに特別な存在かをはっきりと自覚することに。

■注目の第8話では――

和華(中村ゆりか)が勤める図書館で、毎夏恒例、古本市の季節がやってくる。和華たち職員は浴衣で接客をすることになり、講習会の打ち合わせで頻繁に図書館に出入りしている岳(井上祐貴)や、和華の彼氏としてすっかりお馴染みの上条(橋本良亮)も助っ人として手伝うことに。

その日、上条には大阪でシンポジウム出席の予定があったが、浴衣姿の和華を岳に独り占めされる妄想に駆られ、無理をしてでも戻ってくると決意。しかし、そんな和華への執着心を岳から嫉妬まぎれに指摘されてしまう。

以来、上条の和華への接し方が急変。事情を知らない和華は、これまでにない距離感に不安を抱えたまま古本市の日を迎える。

上条のいない間、艶やかな浴衣姿の和華に遠慮なく見惚れる岳。そして二人の休憩時間が重なると、岳は和華に近付く――。

という物語が描かれる。

公式HPなどの予告動画では、浴衣姿の上条や和華の華やかな雰囲気とは裏腹に、和華の手を振り払う上条の姿や、和華にキスを迫る岳など、波乱の番狂わせを予感させるシーンが描かれている。

また、「なに無防備に愛想ふりまいてんの」という上条のせりふも切なさを帯び、これからの展開が予測できないものとなっている。

第8話放送を前に「浴衣めちゃくちゃ似合う」「浴衣姿見とれちゃう!」「世界一浴衣似合う!」と浴衣姿の2人を絶賛する声の他、「和華ちゃんどうなるんだろう…」「みんな切ないよぉ」「和華ちゃんガード甘いよ!」といった声が上がり、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「痴情の接吻」第8話は、9月11日(土)深夜2:30よりテレビ朝日系で放送。