2021年4月〜7月に放送された作品が対象の「第108回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞」で、「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)の主題歌「Presence」(STUTS & 松たか子 with 3exes)がドラマソング賞を獲得。毎回異なるEDで流れ、「松がヒップホップを歌い、元夫役3人もラップをするのが新鮮」と話題になった。そんな楽曲を手掛けたSTUTSへの受賞インタビューでは、スタッフや楽曲に参加した出演者・アーティストらへ感謝の言葉が語られた

STUTSは今回の受賞を受けて、「本当に光栄です。自分がドラマの主題歌を作らせてもらう機会があるなんて思ってもいなかったですし、主題歌が毎回変わるというこれまでにない枠組みを作ってくださったドラマプロデューサーの佐野亜裕美さん、脚本の坂元裕二さんをはじめ、楽曲に参加してくださった皆さんに感謝しています。自分だけの力ではなく、ドラマ全体で受賞させてもらったと思ってます」とコメント。

さらに、「これまで音楽を作ってきた方法論とか、いろんなことをつぎ込めた曲になったと思っています。皆さんのお力添えもあっていろんな挑戦ができました。どう受け入れてもらえるか不安もあったんですけど、多くの方々に聴いてもらえる曲になって本当にうれしいです」と楽曲の制作を振り返り、大きな反響を受けた現在の心境を明かしている。

(取材・文=小松香里)