AKB48の込山榛香、行天優莉奈、大盛真歩が9月10日、都内にて開催された映画「未成仏百物語 〜AKB48異界への灯火寺〜」初日会見に、総合監督の糸曽賢志氏と共に出席。“異界”を信じるという込山が、異界に迷い込んでしまったときのために携帯電話を常備していることを明かした。

同作は、AKB48から選出された8人のメンバーがちまたに溢れている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させる怪談エンターテイメント作品。メンバーが披露する怪談は「ドラマ」「対談」「体験」「語り」の4つのジャンルに分けられ、その現場で供養・成仏させるストーリーとなっている。

ドラマパート「見逃し」を担当した込山は「お話をいただいたのが去年でして『ホラー映画興味ある?』ってお話をいただいたんですけど、『まだ込山さんしか決まっていません』って、私以外誰も決まっていない状態で撮影も終わっていた」と回顧。

他のキャストの撮影を知る間もなく撮影が終わったことで「ドッキリなんじゃないかな、本当にこの映画って実在するのかな?ってすごく不安だった」と疑心暗鬼になっていたとした上で、「今日こうして公開されて『本当に現実だったんだ!』とすごくうれしく思っています」とようやく安堵したことを打ち明けた。

出演する「見逃し」は、引っ越したお気に入りの新居で生活を始めるも、しばらくして部屋の様子がおかしいことに気付き始めるという展開。込山は「もしかしたら現実に起こり得るかもしれない身近なお話だと思うので、自分にもいつかそういう経験が起こるかもしれないという気持ちで見ていただけたらうれしい」とアピールした。

また、「異界を信じるか」というトークテーマでは、込山が「信じています。絶対にあると思います」と主張。「だって異界に住んでいる人たちから見たら、逆に私たちが異界じゃないですか」とその根拠を説明し、「『宇宙人いる?』っていう質問も、宇宙人からしてみれば私たち地球人が宇宙人なので、いると思いますね」と同じ理由で宇宙人の存在も信じていることを明かした。

さらに、「だからいつも、ふと迷い込んじゃったらどうしようと思って、常に携帯は肌身離さず持っているようにしています」と“異界対策”に携帯電話を常備していることを告白。「『うわ来ちゃった!』って誰かに電話しないと不安なので。電波通じるのかなって不安はあるんですけど」とあふれんばかりの不安を吐露していた。

◆取材・文・撮影=山田健史