AKB48の行天優莉奈、込山榛香、大盛真歩が9月10日、都内にて開催された映画「未成仏百物語 〜AKB48異界への灯火寺〜」初日会見に、総合監督の糸曽賢志氏と共に出席。行天が、メンバーの坂口渚沙を「かわいいし天使」と感じたエピソードを語った。

同作は、AKB48から選出された8人のメンバーがちまたに溢れている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させる怪談エンターテイメント作品。メンバーが披露する怪談は「ドラマ」「対談」「体験」「語り」の4つのジャンルに分けられ、その現場で供養・成仏させるストーリーとなっている。

行天は「私、おばけとかそういう系が実は本当に苦手なんです」と告白。続けて「だけど、『メンバーに誰がいいですかって聞いたら“行天さん”って声が多かったんですよね』って。だから選んでいただけたらしくて、すごく頑張ったので、その頑張りをたくさんの人に見ていただけるんだなと思ったら、すごくうれしいです」と同作の公開を喜んだ。

心霊スポットの体験パートを担当した行天は「タクシー会社さんが実際にやっている心霊スポットツアーというのがありまして、その中から2カ所に行かせていただいた」と解説。さらに「今まで霊も見えないですし感じたこともなかったんですけど、今回初めての体験をさせていただいて。『もうこういう経験は当分いいかな』と思うような内容でした」と撮影時の体験を振り返った。

思い出を聞かれると「本当に寒かった。カットがかかった瞬間にみんなが一斉にストーブの前に行って暖まったんですが、仲良しこよしでギュウギュウになっていて、ほっこりしました(笑)」と回顧。

また、「坂口渚沙ちゃんが“お清めのスプレー”を持っていったらしくて、私がビビっていたらロケが終わった後に『かけてあげるね』ってかけてくれて『本当にかわいいし天使だな』と、最後には癒やされて家に帰りました」と坂口とのエピソードを披露し、笑みを浮かべていた。

◆取材・文・撮影=山田健史