9月26日(日)に放送されるBS朝日「地球クライシス2021〜気候変動 壊れゆく世界〜第2弾」(夜9:00-11:00)のナビゲーターが柴咲コウに決定した。環境省の環境特別広報大使を務め、環境に強い関心を持っている柴咲だが、環境問題をテーマにした番組のナビゲーターは初めてだという。

同番組は2021年3月に放送されたスペシャル番組の第2弾。柴咲は自然環境との調和を目的にした製品や事業を展開する会社を立ち上げ、2018年に環境省の環境特別広報大使に就任。番組では、気候変動の世界の現状を描いた英国BBCのドキュメンタリーと、番組独自の取材映像を見ながら、地球の今と未来を気象予報士・依田司氏、気候科学者・江守正多氏と共に考えていく。

2020年から北海道へ移住を進め、有機栽培農業などにも取り組んでいる柴咲は、VTRを見ながら熱心にメモ。「幼い頃から自然への尊敬の思いがあって、自然と消費のバランスが取れているのかという疑問がありました。北海道の自然の中で暮らしていると、地球温暖化の影響が都会よりもダイレクトに感じることがあります。気候変動はこれまで地球の歴史の中でも何度もあったことと言われてきましたが、今は気候変動は自分たちのせいだったと突きつけられている、これからは本気で考えていかないといけないと思います」と力を込めて話す。

ソロモン諸島での海面上昇の実態については、「島の人たちが直接の原因を作ったわけではないのに、被害者になってしまう。その事実を私たちはどう受け止めるのか。数cmの海面上昇は小さいと感じるかもしれないけれど、その積み重ねで、島が消えてしまう。自分たちの経済で自分たちの首を絞めてしまう。それが、いつ自分たちに降りかかるか分からない」とコメント。

温暖化の影響は日本の食卓にも。2100年には「コシヒカリがなくなる」という独自取材もあり、この問題について柴咲は「今夏は北海道でも、気温36度を超し、全く雨が降らない。ジャガイモ、タマネギが不作で、地元の方も『こんなことは初めてだ』と言っていました」と実体験も交えて語る。

また、柴咲は番組中で一番衝撃だったことに日本の森林での異変を挙げ、「初めて知る事実がありました。私たちの食卓に並ぶご飯にも影響があって、それが目の前に迫っていることも感じ取ることができました。根本的な解決は一筋縄ではいきませんが、どんどん議題に挙げる、話し合っていくことが大事だと実感しました」とコメント。

そして現在、柴咲は東京と北海道の2拠点生活を続けているが、「その比重は仕事に左右されるのですが、いずれは向こう(北海道)が拠点になればいいなと考えています。自給自足で体感したものを財産にしたい。もっともっと自分も知識を蓄えていかなければならないと思います。この番組で初めて知ったこともあるので、もう一度見て、保存版にしたいですね。気候変動問題はデータに基づいて、話さないといけないと思うので、(出演者の)皆さんと勉強会みたいなものができたら」と語る。

■収録後コメント

柴咲:私は環境に関して発信している方だとは思うのですが、どうしたらもっと受け取る側の方々にも自分事として受け取ってもらえるか、という思いがあリました。

今回の特集は、われわれ人間一人一人が、自分事として向き合うべき問題を取り上げています。自分たちの食卓も変わってしまうし、自分たちの生活も変えていかないといけないと感じることができました。

今まで他人事だと思っていたことがそうではない、という番組になっていると思いますので、自分事として捉えて、どう感じたか、ご意見もいただきたいと思います。

依田氏:柴咲さんが北海道で暮らしていらっしゃるということで、非常に知識が豊富でした。日本に住んでいると、自分の目の前のことしか気が付かないのですが、この番組は海外でどんな異常気象が起きているのか、どんな影響が出ているのか、目で見てすぐに分かる、非常にいい番組です。

最新のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書が出たばかりで、江守先生の貴重なお話が大変勉強になりました。

江守氏:海面上昇で島が沈むのは、その人のせいではなく、先進国やわれわれのCO2のせいだという話に、柴咲さんがものすごく反応してくださったことが非常に良かったです。これは「気候正義」と言いまして、世界的に問題になっているいわば人権侵害なんです。

日本では話題になることが非常に限られているので、このことが皆さんに伝わるといいと思いました。

八木早希(進行):海面上昇についても遠い国で行われていることと想像できなかったですが、誰かの故郷がなくなるんだ、という実感が湧きました。これは、遠い島の話ではなく、日本にも迫っている。自分自身の問題として捉えられるいい機会になりました。