9月11日、SKE48の荒井優希が東京・両国KFCホールで行われた東京女子プロレス「Live with your time」に出場。約1カ月ぶりにリング復帰を果たした。

荒井は8月7日に開催された名古屋大会以降、新型コロナウイルスの濃厚接触者に認定されたことにより、8月の後楽園ホール大会2連戦を欠場。さらに、自身が新型コロナウイルスに感染したことで療養していたが、今月7日から活動を再開。東京女子プロレスにも復帰した。

11日の試合は渡辺未詩とタッグを組み、中島翔子&遠藤有栖組と対戦。遠藤と激しいエルボー合戦を展開すると、キャメルクラッチで捕まるもロープに逃げビッグブーツをたたき込み、パートナーの渡辺に試合をつないだ。

荒井は中島に強烈なフルネルソンバスターを決めてアシストし、最後は渡辺が遠藤にティアドロップを決めて勝利をつかんだ。

試合後、荒井は「(休養中に)出られたはずのもの(=試合)に出られなかったことがすごく悔しかった。休んでいた期間に改めてプロレスへの熱を感じた」と話し、「(休んでいたことを)感じさせないくらい頑張りたいです」とプロレスに対する意欲を燃やした。

荒井は9月15日(水)の東京・新宿FACEでの大会、10月9日(土)の東京・大田区総合体育館での大会にも出場が決定している。

■荒井優希コメント

1カ月くらい出られない期間があったので、すごく体力が心配だったのですが、末詩さんの安定感(に助けられました)。何度か組ませていただいているので、末詩さんと組むと安心するし、末詩さんのおかげで勝てたので、これからも一緒に2人で頑張れたらと思います。

先月の後楽園ホールは2日とも出られなくて、配信で見させてもらいました。今までも、全部(の試合に)出られたわけではないですが、出られたはずものに出られなかったことがすごく悔しかったし、今日も復帰一発目ではあったんですけど、そういうのを感じさせないぐらい頑張りたいです。

この休んでいた期間に改めてプロレスへの熱を自分で感じました。