9月12日、AKB48が東京・日比谷野外大音楽堂で「MX 夏まつり AKB48 2021年 最後のサマーパーティー!」を開催。AKB48グループの前総監督・横山由依がグループからの卒業を発表した。

18人のメンバーが出演した今回のコンサートでは、ダンスが話題となっている最新曲「根も葉もRumor」(9月29日[水]発売)をはじめ、全26曲をパフォーマンス。

横山が卒業を発表したのはアンコール最後の曲の直前。メンバー全員が浴衣姿でステージに現れ、「生きるって素晴らしい」「恋人いない選手権」「僕の打ち上げ花火」と3曲を続けて披露すると、横山は「今日は皆さん、大変な状況の中、足を運んでくださったり、配信でご覧になってくださったり、本当にありがとうございました。ここで皆さんにお伝えしたいことがあります。私、横山由依はAKB48を卒業します」と、卒業を発表した。

続けて、横山は「ここ最近、私が以前から思い描いてきた夢がより具体的に見えてきたので、一歩踏み出そうと決断しました」と、卒業発表に至った理由を明かすと、「これからも私自身、皆さまに観ていただけるような活動をしていきたいと思っていますので、応援していただけるとすごくうれしいです。そして、引き続きAKB48もずっとずっとよろしくお願いします」と、涙で声を震わせながらコメントした。

■横山由依 卒業発表コメント(全文)

今日は皆さん、こうやって大変な状況の中、足を運んでくださったり、配信でご覧になってくださったり、本当に楽しい夏の思い出ができたなあという気持ちです。本当にありがとうございました。そして、私からここで皆さんにお伝えしたいことがあります。私、横山由依はAKB48を卒業します。

ここ最近、私が以前から思い描いてきた夢がより具体的に見えてきたので、一歩踏み出そうと決断しました。客観的にAKB48を見ることが増えて、みーおん(向井地美音)の総監督を中心に新しいAKB48を今すごく、感じています。

私は2009年に加入して12年AKB48にいたんですけど、本当に大切で宝物のような仲間に出会えたこと、そして、こうしてどんな時でも応援してくださるファンの皆さまに出会えたこと、AKB48で本当にかけがえのない大切な経験をたくさんさせていただけたこと。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。私を観てくださった方に、夢とか希望を持っていただけたり、明日から頑張ろうってそういう活力になるような存在でいたいなと思っています。

卒業コンサートは詳細が決まり次第発表させていただきます。オンラインお話会は12月5日(日)をもって最後の参加とさせていただきます。こちらも後ほどHPでお知らせしますので、ぜひご確認ください。AKB48シアターでの卒業公演は12月9日(木)を予定しています。あと3カ月なんですけれども、よろしくお願いいたします。

もう一つお知らせがありまして、卒業するにあたって、秋元(康)先生から卒業曲を書いていただきました。タイトルは「君がいなくなる12月」という曲です。この後20時からAKB48の公式YouTubeにてMVが公開になります。監督は私がさせていただきましたので、よかったら観ていただけるとうれしいです。

すごく今日のコンサートが楽しかったので、(卒業を)言おうっていうのは決めてたんですけど、もっとみんなといたいなって気持ちもありながらですけども。これからも私自身、皆さまに観ていただけるような活動をしていきたいと思っていますので、応援していただけるとすごくうれしいです。そして、引き続きAKB48もずっとずっとよろしくお願いします。