9月12日に広島・サンプラザホールで「STU48 2021夏ツアー打ち上げ?祭(仮)」が行われ、STU48の7thシングル「ヘタレたちよ」(10月20日[水]発売)の選抜メンバーが発表。1期生・瀧野由美子が、約1年ぶり6度目のセンターを務めることが決定した。

また、同コンサートでは、前キャプテンでAKB48 チーム4兼任の岡田奈々のSTU48兼任解除も発表に。さらに、同日昼に行われた「STU48 2期研究生夏の瀬戸内ツアー〜昇格への道・決戦は日曜日〜」では、2期研究生の正規メンバー昇格も発表された。

■STU48 7thシングル「ヘタレたちよ」選抜メンバー

石田千穂、石田みなみ、今村美月、岩田陽菜、沖侑果、岡田奈々、甲斐心愛、門脇実優菜、瀧野由美子、中村舞、福田朱里、矢野帆夏、小島愛子(※)、高雄さやか、田中美帆(※)、立仙百佳(※)

※=初選抜

■瀧野由美子コメント

このご時世でシングルを発売できるのは、普段私たちのことをたくさん思ってくださっているスタッフさんや、本当にSTU48のことを思っていつも応援してくださるファンの皆さんのおかげだと思います。また、今回7枚目で6作目のセンターをこうしてまたやらせていただけるのはとてもうれしいです。

今回は4人、2期生から選抜メンバーとして入っているのもあって、STU48として新しい風を吹かせていかないといけない時期なのかなと、センターとしてプレッシャーを感じつつ、また一味違ったSTU48を皆さんにお届けできるように、感謝の気持ちを込めながら、引き続き全力で頑張っていきたいと思います!

そして奈々さんの兼任解除発表。奈々さんはSTU48が結成してからずっと私たちを引っ張ってきてくださった方なので、とても寂しい気持ちでいっぱいです。この4年間、奈々さんがSTU48に見せてくれた背中をしっかりと私たち1期生が引き継いで、後輩たちがついていきたくなるような姿を見せていかないといけないと思っています。

奈々さんとの限られた時間ではあるんですけど、その中でもいっぱいお話しして、いろんなことが学べたらいいなと思います。

■岡田奈々コメント

兼任解除はすごく寂しい気持ちもあって、STU48にいられるのであればずっとずっとSTU48にいたい気持ちが一番大きいですが、5年目に入り、2期研究生の昇格があり、1期生、ドラフト3期生も一人一人が成長していく姿を見て、もう私の力はなくてももっともっとすてきなグループに進化していくんじゃないかなと感じていました。

子離れではないですが、STU48という大好きなグループから離れることで、お互いにとってより成長につながったらいいなと思います。

これからも同じAKB48グループの仲間であることに変わりはないので、何かあればいつでも駆けつけるよっていう気持ちです。そして、兼任最後までファンの皆さんやメンバーといい思い出をたくさん作りたいです!

瀬戸内と東京で物理的な距離はありますが、心はこれからも近くに寄り添い続けられたらと思います。きっとみんなはもっともっと素晴らしいアイドルに成長していくと思います。私自身もみんなに負けないようにAKB48でも頑張り続けたいと思います!

■今村美月コメント

奈々さんの兼任解除はいつかはあることだと覚悟をしていましたので、最初に話を聞いたときはびっくりというより、ついに来てしまったかという気持ちでした。

コロナ禍になってからはグループの活動も思うようにいかなかったので、奈々さんとご一緒できる機会が少なくなってしまい、もっと一緒に活動したかったという気持ちが強くあります。

ですが、これを期にメンバー皆の気が引き締まりました。メンバー一人一人にグループを良くしていかなくちゃという意識が芽生えていると思います。

私も現キャプテンとして、奈々さんのストイックな部分や優しい部分を受け継いでいきたいです。メンバー全員が意識を持って、これからのSTU48の第2章を作り上げていけたらと思います。

■田中美帆コメント

昇格できたことが、今は率直にうれしいです。今回のツアーを通して成長できたこともたくさんありました。ただ、まだまだ先輩たちとの間に差があるなと感じることが多く、昇格できたことはうれしいのですが、いろいろなことを安心して任せてもらえるよう、信頼を勝ち取れるように頑張りたいと思います。

今回の選抜の発表の時には選ばれると思っていなかったので、初めは驚きと戸惑いがありましたが、時間がたつにつれ、選ばれたことに対しての喜びがじわじわと湧いてきました。プレッシャーはありますが、自分ができることを精いっぱいやっていこうと決心しました。

今回の初選抜が今後の活動につながるように、自分が持っている個性をより濃く発揮していきたいと思っています!