ウィル・スミス主演のハリウッド大作実写映画「ブライト」(2017年)のスピンオフアニメ、Netflix映画「ブライト:サムライソウル」(10月12日[火]Netflixにて全世界独占配信)で声優を務めるメインキャストに、野村裕基、平川大輔、若山詩音が決定。野村は、3歳での初舞台以来、祖父・野村万作(人間国宝)、父・野村萬斎に師事、現在若手狂言師として活躍する中、本作で初めて声優を務める。また、本予告映像とキーアート、場面写真も解禁された。

イシグロキョウヘイが監督を務める本作は、実写映画「ブライト」の世界観を継承しながらも、舞台は幕末から明治の日本に設定。
生きる目的を失った隻眼の浪人・イゾウ(野村)と盗賊から足を洗おうとしているオーク・ライデン(平川)が、エルフの少女・ソーニャ(若山)と出会い彼女が持つ“ワンド”をエルフの国に無事送るため旅をすることに。そして、“ワンド”を奪おうと謎の組織(インファーニ)が彼らの行く手を阻む。

この度解禁された映像、キーアートでは、野村らが声優を務めるイゾウ、ライデン、そしてソーニャの異なる種族の3人が勇ましく敵に立ち向かおうとする姿が垣間見える。
イシグロ監督がこだわった、版画からインスピレーションを得た映像表現が3DCGの技術と重なり合った新感覚のアニメーションとなっている。