ABEMAオリジナルシリーズ恋愛モキュメンタリー番組「私たち結婚しました」(毎週金曜夜11:00〜、 ABEMA SPECIALチャンネル)の最終話が、9月10日夜11:00より1時間拡大スペシャルで放送された。

「私たち結婚しました」は、韓国で2008年から約9年間、レギュラー放送された番組「私たち結婚しました」を日本版にリメイクした、ABEMAオリジナルシリーズで、俳優の野村周平と、バンド・ゲスの極み乙女。のドラムのほな・いこかこと、女優のさとうほなみのペアと、俳優の白洲迅と、モデルで女優の堀田茜のペアの計2組の有名芸能人ペアが、“7日間のお試し結婚生活”する模様を公開する。

■「バイクに乗ってみたい」

結婚生活最後の日、「バイクに乗ってみたい」というさとうのリクエストで、ふたりはツーリングデートをすることになり、野村がさとうをバイクで迎えにいく。愛おしそうな表情で野村は、ヘルメットをぎこちなくかぶろうとするさとうの補助をする。そして、バイクに乗り込むと、さとうは野村の腰に手を回して、出発する。

さっそうと走る姿に、スタジオからは「もうドラマじゃん、ドラマのワンシーン」とうっとりする。

さとうが「もうすぐ終わっちゃうよ。何がいちばん楽しかった?」とたずねると野村は、「何がいちばん楽しかったかって決められない」「どれも幸せだった」と、さとうも「自分で聞いておいてなんだけど、私も決められないんだよね」と、ふたりともに今回の結婚生活が充実したものになっていた。

■「ちゃんとしてください」

ツーリングデートを終えて、家に帰宅したふたりは、屋上で最後の晩酌を楽しみながら、野村が用意した結婚生活の思い出ムービーを鑑賞し、思い出に浸る。

そして、ついにともに過ごした家を出ていく時、ふたりで育てたオリーブの木、通称「オリーブン・スピルバーグ」は、さとうが引き取ることになった。野村が「じゃあ、誓って。ちゃんと育てるって」と言い、さとうもそれに「ちゃんと育てる、約束する」と返すと、野村から「じゃあ、最後ですね、誓いのチューして」と大胆な発言が飛び出す。それを受けて、さとうは「ありがとうございました。幸せにちゃんとしていただきました」と感謝を述べ、「3・2・1」のカウントで、さとうが野村さんの頬にキスをしようとした瞬間、野村がさとうのほうを向き、キスをした。さとうは驚き、乙女のような表情で「そういうこと、できちゃうんだ」と笑った。野村は「これが僕なんで」と伝え、ふたりはお別れのハグをした。

スタジオからも「野村だよぉ〜〜」「やるわ〜」と野村の行動に興奮の声があがった。

屋上から降りると、今度は、さとうから手を広げ、ハグを求める。ハグを交わしたあとにさとうが、じっと野村の目を見つめ、「不意打ちがムカついたので、ちゃんとしてください」と言い、唇をとがらせる。積極的なさとうの行動にとまどった野村だったが、「うん、まあ、いいよ」と言い、ふたりは再びキスをする。そして、さとうは、満面の笑みを浮かべた。