ラブコメ作品において、ヒロインと結ばれなかった男性はどうしてこんなにも魅力的に映るのだろう。最近だと、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の中沢(間宮祥太朗)や、「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の葉山(向井理)など、数々の“選ばれなかった男たち”が、視聴者のハートを掴んできた。そして、現在大きな話題を集めているのが、「彼女はキレイだった」(毎週火曜 夜9:00-9:54、フジテレビ系)で、赤楚衛二が演じている樋口だ。(以下、ネタバレがあります)

樋口は、ヒロイン・愛(小芝風花)が働く雑誌編集部の先輩。愛が垢抜ける前から想いを寄せていて、困っているといつも助けてくれるヒーローのような存在だ。思いやりがあって、男らしくて……恋敵の宗介(中島健人)にまで優しいのだから、完璧である。第9話では、物語の鍵を握る謎の小説家・楠瀬凛の正体が、樋口であることも判明。まさに、裏の主人公と言ってもいいほどの存在感を発揮している。

だが、愛に選ばれたのは宗介だった。ヒロインが17年越しの初恋を実らせたのに、どこか苦しくなってしまうのは、樋口の存在があるから。振られてしまっても、「最高の友達でいたい」と明るく言う姿に、胸が締め付けられるのだ。

樋口というキャラクターは、分かりやすく見えて「掴めない」という点が鍵になっている。演じる赤楚は、さまざまな表情を操らなければならない。自分のことを見てくれない愛に対して、「ただのヤキモチ。もっと、ジャクソン(※愛のあだ名)のなかに俺がいればいいのに」と拗ねて口を尖らせたかと思えば、「(宗介のところに)行くな」と低いトーンで引き留めたり。どれが本当の彼なのか?と見ているこちらまで惑わされる。だが、それがまったく計算に見えないのは赤楚の演技力の賜物だろう。  
赤楚は、型にハマることなくさまざまな役柄に挑戦してきた印象が強い。ブレイクのきっかけになったドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京)では、気弱で少し冴えないキャラクターを熱演。かと思えば、翌年に出演した「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)では、オラオラ系のバンドマンという真逆の役柄で好演を見せた。そこで培った表情の振り幅が、「彼女はキレイだった」で生かされている。

また、彼の演技の魅力は細部まで徹底した役づくりにもある。歩き方ひとつ取っても、作品ごとに大きく変化させているのだ。すべての役柄を、「ハマり役」と思わせる所以は、ここにあるのかもしれない。たとえば、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」で気弱な役を演じている時は、肩をあげて少し縮こまったような歩き方をしていた。今回の、「彼女はキレイだった」では、滑るように歩く……というのが正しいだろうか。全身を使って、圧倒的な陽キャラを見事に体現している。樋口というキャラクターがこんなにも魅力的に育ったのは、赤楚がこの役と真摯に向き合ってきたからこそだと思う。

「彼女はキレイだった」は、きょう9月14日に最終回を迎える。もう、樋口の姿を見られないなんて……と寂しい気持ちになるが、10月からは、赤楚が無邪気な子犬系男子を演じるドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系)がスタートする。お金はあっても愛に飢えた孤独な女社長・衛(江口のりこ)と、愛はあってもお金がない貧乏専門学生・優(赤楚衛二)という真逆の2人が出会う物語であり、きっと、赤楚は同作でも輝きを放ってくれるはずだ。

文=菜本かな