黒木華と杉野遥亮が出演するドラマ「僕の姉ちゃん」(9月24日[金]よりAmazon Prime Videoにて全話一挙先行配信、2022年テレビ東京にて放送予定)のオープニングテーマが男女2人組デュオ・ハンバート ハンバートの「恋の顛末(てんまつ)」に決定。また、追加キャストとして渡辺大知、遊屋慎太郎、片桐仁の出演が明らかになり、コメントが到着した。

同作は、雑誌「anan」(マガジンハウス)で長期連載中の益田ミリによる同名漫画が原作。素朴で真っすぐに育ってきた社会人1年目の白井順平(杉野遥亮)と、30歳の姉・白井ちはる(黒木華)が繰り広げる恋、仕事、趣味、人生にまつわるユーモラスな会話劇を描く。姉弟だからこそのぶっちゃけトークでさく裂する“姉ちゃんの本音”は、一見ひねくれていて意地悪なように聞こえるが、実は至極まっとうで、順平は妙に納得してしまう。

■ハンバート ハンバート・佐野遊穂コメント

気ままな姉ちゃんと愛すべき弟の、ダイニングの隅っこに参加できて幸せです。私にもこんな弟がいたら、ビール片手に夜な夜なおしゃべりしてみたいなぁ。

■ハンバート ハンバート・佐藤良成コメント

黒木華さんに代わって俺が姉ちゃん役を演るぞってくらいのつもりで、益田ミリ先生の原作とドラマの仮編集を毎日毎日繰り返し読んで見て、姉ちゃんになりきって作りました。とても楽しかったです。

■黒木華コメント

ハンバート ハンバートさんは「おなじ話」という曲を聞いてからすごく好きなアーティストさんだったので、こうして、ドラマで出会うことができて、幸せです。優しい歌声と、まっすぐな歌詞が姉ちゃんの姿と重なります。

■渡辺大地コメント

姉弟の掛け合いが面白く、登場人物が生き生きと見えた脚本でした。谷崎智也は、黒木さん演じるちはるさんの、つかの間の安心というか、ずっと一緒にいたい存在じゃなくても、ちゃんと会った時にホッと落ち着ける人でいたいなと思いました。

黒木さんとは初めてゆっくり時間を共にした気がします。たぶん実際の時間としては短かったけど、とても穏やかな時間でした。

■遊屋慎太郎コメント

オファーを受けて、率直に言うと、うれしかったです。魅力的なスタッフ、キャストの皆さまに自分が仲間入りさせてもらえることに喜びを感じました。また、台本を読んで、日々の生活、仕事、そして恋愛に、丁寧にかつ前向きに向き合う姉弟に元気をもらうと同時にうらやましさを感じました。

本作の中で、ちはると出会う男の一人が宮台亨です。二人で過ごす時間が、ちはるにとって、そして宮台亨にとっても、特別なものになるように、二人の間の初々しさを大切にして演じることができればと思います。

自分の身の回りの世界を、丁寧にとらえ直すきっかけになるようなドラマです。このドラマを見て、少しでも前向きな気持ちになっていただけたら、幸いです。

■片桐仁コメント

オフィスものだと思って現場に入ったら、衣装も仕事場も、とにかくオシャレでビックリしました。僕の役は海外出張から帰ってきた、久々に会う取引先の人みたいな役だったんですが、独特なハイブランドの服を着てて、どんな会社員?と思いましたが、仕事場もオシャレで、社員の皆さんもオシャレだったので、そういうもんなんだと、なんか納得しました。仕事終わりに、ふと華ちゃんと話すシーンが楽しかったです。