SKE48の荒井優希が9月15日に東京・新宿FACEで行われた東京女子プロレスのメインイベントに出場。山下実優、渡辺未詩とのトリオで、伊藤麻希&中島翔子&宮本もか組と対戦した。

この試合が新型コロナウイルス感染症による療養から復帰後2戦目となった荒井。中盤にはローンバトルを強いられたが、宮本の羅生門をロープに逃げるとビッグブーツで反撃。試合終盤にはフルネルソンバスターを決めるなど、好調をキープした。

試合は3組で入り乱れての格闘後、山下と伊藤が対峙するも決着せず引き分けに。荒井は初めて20分間を闘い続けた。

荒井の次戦は10月9日(土)、東京女子プロレス年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS II」大田区総合体育館大会の予定。その後、11月13日(土)は荒井の出身地・京都で地元凱旋試合に臨み、12月18日(土)にはSKE48の本拠地・名古屋でのビッグマッチに参戦し、2021年のプロレス活動を締めくくる。

■荒井優希コメント

私は大田区(総合体育館大会)の前に出られる試合が今日が最後だったので、勝って終わりたかったところではあったんですけど、強い先輩2人と一緒になれたことですごくいい経験になりました。

大田区に向けてもっと自分も頑張りたいなと勢いづいた試合になったので、この調子で大田区も、今までよりも成長した姿を見せられるように頑張りたいなと思いました。よろしくお願いします。