Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が9月14日に最終回を迎えた。宗介(中島)と愛(小芝)の恋の行方を描いた同作だが、赤楚衛二演じる“樋口くん”のいい男ぶりも大きな注目を集めた。(※以下、ネタバレがあります)

同作は、2015年に韓国で放送されたドラマの日本版。イケメン“最恐毒舌エリート”長谷部宗介と幼なじみの“元美少女”佐藤愛の初恋の行方を描いた。

赤楚が演じたのは、愛が働くことになった雑誌「ザ・モスト」編集部の先輩編集部員・樋口衛。編集未経験の愛に仕事を教えながら「ジャクソン、ジャクソン」と可愛がった。ちなみに“ジャクソン”とは、白ソックスに黒ローファーを合わせる愛の定番スタイルがマイケル・ジャクソンを連想させるからと樋口がつけたあだ名だ。

一度は恋のライバルとして宗介に名乗りも上げた樋口だったが、愛が宗介への思いを自覚し始めているのに気づき、最後は身を引いた。最終回では覆面の人気作家・楠瀬凛として「ザ・モスト」を廃刊危機から救い、徹底した“いい人”であり続けた。

愛との最後のシーンでは、愛を優しく抱きしめ「楽しかったよ、ジャクソンに会えてよかった」とにっこり。「俺は佐藤愛が大好きだ。友達として、一人の人間として、大好き」「納豆混ぜてる時くらい、俺のこと思い出してね」、そして「人生を楽しめ」というメッセージを残して去っていった。

■「ヒーローな樋口くんカッコ良すぎ!」

7話では、愛への思いを抑えきれず、宗介のもとに行こうとする愛に「俺にもチャンスくれないか」「行くな、行くなよ!」とすがった樋口。だが失恋を乗り越え、その後は「何があっても俺たちは良き仕事仲間に変わりはない、だろ?」「あ、それと最っ高の友達ってポジションも追加で」と温かく励ました。

そんな樋口には回を追うごとにファンが急増。Twitterでは、毎回のように「樋口くん」がトレンド入りし、“宗介派”か“樋口派”かの論争も巻き起こった。

そんな中、最終回で樋口が見せたあまりにカッコよすぎる去り際に、視聴者からは感動の声が続出!「最後までヒーローな樋口くんカッコ良すぎ!」「樋口くんが『佐藤愛が大好きだ、友達として』って言った瞬間涙出た」「樋口くんでスピンオフやって!!」「樋口くんしか勝たん!」の声が飛び交い、「樋口くん、マジでリアコだった」「樋口くんリアコすぎてしんどい」など、“リアルに恋した”を意味する「リアコ」というワードも。Twitterでは「樋口くん」が世界トレンドトップ10に並ぶほどの反響となった。

赤楚自身も時にはファンとリアルタイムで放送を視聴し自身のTwitterアカウントにコメントする“リアタイ実況”もしつつ盛り上げてきた同作。最終回放送後には、「『彼女はキレイだった』最後まで見て下さって有り難うございました!この作品、ご一緒した人達との出会いは宝物です!納豆食べる時思い出してね。有難うございました!!」と感謝のメッセージも投稿。この投稿も1万件以上の「いいね」を集めた。