田中みな実が初主演を務める映画「ずっと独身でいるつもり?」(11月19日[金]公開)の新たな場面写真が解禁。また、幸せを探しもがく女性たちをリアルに映し出す特報映像も公開された。

「女子をこじらせて」の雨宮まみによるエッセイを「サプリ」のおかざき真里が漫画にした伝説的コミックを原作とする本作。やりがいある仕事や暮らしに充足感を得ながらも、周囲の雑音に傷つき、苦しみ、揺れる30代の独身女性の等身大の姿を描く。

この度解禁された特報映像では、10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった36歳、独身・本田まみ(田中)の「この年になると、ずっと一人で生きるのも、しんどいなぁって…」という言葉がこぼれるところから映像は始まる。

続いて登場する由紀乃(市川実和子)もまみと同じ36歳、独身で、一人で生きていく自分の生活に誇りを持って生きているはずが、何かが足りないと感じており「助け合って生きてゆくしかないよ、互助会だよ、互助会!」という言葉が。

一方、港区在住パパ活女子、無職の26歳・美穂(松村沙友理)からは、「おばさんが張り切っているの、クソ痛いなぁ」と毒のある言葉や、結婚し子供にも恵まれ、傍から見ると幸せそうに見える36歳・彩佳(徳永えり)は「結婚すれば幸せになると思ってた…」と意味深な言葉が飛び出す場面も。
それぞれの環境にある彼女たちが本当に感じていることは何か、特報の後半には彼女たちのリアルな心の叫びが映し出される。

また、解禁された4枚の新たな場面写真からは、現代女性のさまざまな生き方を体現するような彼女たちの、幸せ捜しの始まりを感じさせるカットで作品への期待も高まる。