9月15日放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)は、ゲストに木村拓哉が登場。ジャニーズ事務所の後輩とのエピソードを明かした。

過去に同番組に出演したジャニーズ事務所の後輩たちが語る木村のエピソードを、木村自身に検証してもらうという企画。

岡田准一は木村に自らお年玉をねだり「拓哉」と名前が入った袋に入れてもらったという話を、亀梨和也は街で「かめ!」と呼び止められ、そのまま車に乗せてもらい自宅にも招いてもらったというエピソードを披露していた。

まずは岡田のエピソードをはっきりと「覚えています」と言う木村は、年末、「紅白歌合戦」のために訪れたNHKホールで、リハーサルのときに岡田から「お年玉、欲しいんですけど…」とお願いされたという。国分太一が「そんな後輩いないっすよね」と驚くと、木村は「いないけど、持っていったよ」と話す。

また亀梨からは、ある年の元日、亀梨が自宅で後輩たちとお酒を飲んだあとに木村へ電話をしてきて、「今から行っていいですか?」と突然訪問を打診されたことがあるという。亀梨は「電話だけの挨拶ではなく直接会って挨拶したい」という理由を言ってきたというが、松岡昌宏は「物は言いよう」と笑う。

木村がしぶしぶ「来るんだったら来れば」と言うと、15分ぐらいで本当に来たうえに、亀梨だけではなく別に2人連れてきたという。木村は「亀が来るのはわかるけど、この横の2人はなんだ?」と思ったと告白。他の2人も顔見知りではあったが、木村は「『初めまして』でうちの玄関で靴を脱いでたら、ちょっと止めるかな」と振り返った。

一方、亀梨が語ったエピソードに関しては、「場所も覚えています。旧山手通りの西郷山公園の手前の橋」と記憶も鮮明であることも明かす。木村はそのときの亀梨の様子を「爽やかな亀梨ではなかった。“修二と彰”のまんま」と表現。車で走っていて「すげーなアイツ」と思うほどの存在感で、「本人?」と驚いたという。それで思わず車を止めて「かめ!」と声をかけると、サングラスをかけたままの亀梨が不機嫌そうに対応。木村は「おお、それで来るか」と思ったが、自分からサングラスを外して「木村」と名乗ると、亀梨は一気に丁重な態度に変わったという。

そのとき、買い物に行く途中だったという亀梨と一緒に買い物をしたあと、自宅に招待。木村は亀梨以外にも自宅には「准一も来たし、(長瀬)智也も来てるし」と明かす。すると国分が、木村の方は見ずに「お願いします、今度」と自分も招いてほしいとお願い。緊張して木村の方が見れなかった国分だが、松岡から「人と話すときは目を見て話せ!」と注意される場面があった。

次回の「TOKIOカケル」は9月22日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに中谷美紀が登場する。