A.B.C-Z・橋本良亮が単独初主演を務める、7月期ドラマ「痴情の接吻」(毎週日曜夜11:25-11:55、ABCテレビ[関西ローカル]/テレビ朝日では毎週土曜深夜2:30-3:00)の第9話が、テレビ朝日で9月18日(土)に放送される。

同ドラマは、雑誌『プチコミック』(小学館)に連載中の累計140万部を突破した人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリー。ドイツ帰りのハイスペック男・上条忍を橋本が、上条が唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村ゆりかが演じる。

これまでの放送では、和華(中村)が勤める図書館で行われる古本市を、岳(井上祐貴)や上条(橋本)も助っ人として手伝うなど、三人で過ごす時間が増えていた。

また、和華への執着心を岳から嫉妬まぎれに指摘されて以来、上条の和華への接し方が急変。事情を知らない和華は、これまでにない距離感に不安を抱えることに。

さらに、上条のいない間、岳が和華に遠慮なく接近するなど、三角関係はますます加速。

■注目の第9話では――

和華(中村ゆりか)への思いを募らせる岳(井上祐貴)は、図書館の講座にかこつけ、古典文学を題材にしたコンサートに和華を誘う。和華は音で繰り広げられる文学の世界に興味津々。岳はそんな和華に熱い視線を送りながら、自分が男として意識されていないことを自覚する。

一方、上条(橋本良亮)と和華が暮らす部屋に突然、和華の両親が訪ねてくる。マレーシアにいるはずの父母の来訪に慌てる和華と、同居人が「忍ちゃん」ではなく「忍くん」と知って気が動転する両親とで、その場は大混乱。

ほどなく、母・華子(高島礼子)は、娘に本以外に執着できる相手が見つかり良かったと安堵するが、父・正和(池田鉄洋)は寂しい気持ちが勝り、隠していた本当の帰国理由を和華に明かしてしまう――。

という物語が描かれる。

公式HPなどの予告動画では、ソファで寄り添う上条と和華の仲むつまじい姿や、和華を抱きしめる過保護っぷりが印象的な父・正和とのシーン、そんな正和が「同居じゃなくて同棲じゃねーか!」と混乱する様子などが描かれている。

また、和華の両親に、上条が「真剣にお付き合いさせていただいています」と宣言するなど、覚悟が見えるシーンも。

さらに、「柏木のことが好きだ」とついに和華に告白する岳、ベッドで抱き合う上条に切ない表情で「話があるの」と告げる和華など、波乱の展開が予想される。

第9話放送を前に「パパ、忍に嫉妬心が爆発!」「おしゃれでかわいらしいパパとママ」「仲良し夫婦うらやましい」と、和華の両親の活躍を喜ぶ声の他、「岳がんばれ〜!」「岳の真剣なまなざしにドキドキ…」「岳があまり悲しまないでくれることを願う」「忍に負けないで!」といった、岳を応援する声も上がり、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「痴情の接吻」第9話は、9月18日(土)深夜2:30よりテレビ朝日系で放送。