千鳥・ノブと弘中綾香アナがMCを務める「ノブナカなんなん?」(毎週土曜夜10:25-10:55、テレビ朝日系)。9月18日(土)はユージとEXITがゲスト出演し、クリエーター・カルマに地上波初密着する。

ノブはその名前を聞いてもピンとこないようだが、EXITの兼近大樹とりんたろー。が“激アツの人”、“ティーン世代で知らない人はいない”と語る、若者に絶大な人気を誇る新たなカリスマ。

YouTubeを始めて1年余りで100万人登録を突破し、2020年夏には150万人を超えたものの突然休業。2021年の夏に活動を再開した。総再生回数2億回を記録するYouTubeや今後の活躍に注目が集まるカルマに密着取材する。カルマと親しいというユージも、「テレビが彼を密着するなんて感慨深いです」と語る。

■カルマ、これまでの苦悩を語る「冷蔵庫の中にパンツが入っているような…」

この夏から大手芸能プロダクションに所属し、再び活動を始めたカルマ。同番組の密着取材が決まり、番組スタッフが彼の元を訪ねると、まだ何も聞いていなかったため、「めっちゃ、怖!え!?テレビですか?」と驚きと戸惑いを見せる。

カルマがカリスマ的人気を博した理由の一つが「謎に包まれたプライベート」。「生い立ち」や「人間関係」「どんな暮らしをしているのか」、さらに「次に何をしようとしているのか」。ベールに包まれたカルマの素顔がついに明かされる。

さらに、カルマの自宅にも潜入。おしゃれな部屋で動画編集に取り組む様子や、「無になれる時間」だと語る料理を作る姿、オフの時間のリラックスした表情などを見せた。

スーパーの買い物で見せたあるモノへの意外なこだわり、東京の母と慕う女優、驚きの事実も次々と判明。さらにこれまでの苦悩や、ついには「冷蔵庫の中にパンツが入っているような、ヤバい時期がいっぱいあった」というセンセーショナルな過去も語られる。

順風満帆の人生かと思いきや、あまり語られてこなかった過去の苦労を知った兼近も「応援したくなった」と感銘を受けた様子だった。