9月16日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に原口あきまさがゲスト出演し、明石家さんまの物まねにまつわる苦労を打ち明ける場面があった。

さんまの物まねを持ちネタにしている原口は、芸人たちから「よくシミュレーションを頼まれる」とか。

シミュレーションとは、番組に出演する時にどのように受け答えすればいいかを事前に確認しておくリハーサルのようなもの。

以前、「さんまのまんま」(フジテレビ系)に出演することが決まった博多華丸(博多華丸・大吉)からシミュレーションを頼まれたことも。華丸からの依頼を快諾した原口は、さんまの物まねで「華大はどうや? 福岡から来てもう何年目や?」とトークの相手を務め、シミュレーション後の華丸も「これで本番行ってくるわ!」と自信をみなぎらせていたという。

しかし、番組の本番を終えた後日、原口が「どうでした?」と尋ねると、華丸は「さんまさんは投げる球種が多かぁ! 練習ならんやったばい!」と返答。原口は「俺が羅列する物まねよりも何球も多めに変化球とか投げてくるから。まだまやなと」と嘆きつつ、さんまの話術を称賛していた。

次回の「ダウンタウンDX」は9月23日(木)放送予定。