9月22日、ホリプロとTOY’S FACTORYが手がける6人組ダンス&ボーカルグループWATWING(ワトウィン)がEP『Take off,』でメジャーデビュー。2019年の「Star Boys Audition」をきっかけに結成し、昨年7月にCDデビュー、そしてついにメジャーデビュー。メンバーの古幡亮、福澤希空、鈴木曉、桑山隆太、高橋颯、八村倫太郎にインタビューを行い、それぞれのキャラクターやメジャーデビュー作について話を聞かせてもらった。

――初登場なので、音楽的ルーツ、好きな音楽ジャンルなどを含めて、プロフィール的なことを聞かせてもらいます。

古幡:はい。自分は元々歌手を目指していたわけではなくて、ダンスをやってきました。そのおかげで、洋楽のR&Bやオルタナ系の音楽をよく聴いていましたね。なので、“音”に敏感で、「これ、踊りたい!」って思うような曲を好んで聴いています。今、こういう活動をやっているというのもありますけど、リスペクトしているのはBIGBANGです。

――古幡さんはどんなキャラですか?

福澤:“WATWINGのお兄ちゃん”(笑)。

八村:一番年齢が上なので、長男的な役割をしてくれています。ダンス歴も長くて、振り付けもしてくれているのでWATWINGのダンスを引っ張ってくれています。

古幡:家族構成の中で“長男”っていうのがメンバーの中で僕だけなんです。なので、このグループの中で長男的な役割というのは運命なんだと思いました(笑)。

――次は福澤さん。

福澤:ルーツではなくて最近気になっている曲なんですけど、米津玄師さんの「Lemon」です。僕は小さい時からずっとダンスをやってきて、歌手で誰が好きとかは特になかったんですけど、歌とかメロディーがすごく気になったというか、いいなぁって思いました。

――福澤さんのキャラは?

八村:“末っ子”。年齢も一番下で、可愛いっすね(笑)。

古幡:一番年下ですけど、一番破壊力があります。ステージとかで、パッと出た時のエナジーがすごくあるんです。以前、僕がラジオでキャッチフレーズを考えて言ったのが“WATWINGのダイナマイト”でした。

――鈴木さんは?

鈴木:僕はロックが好きで、パフォーマンスをする時もコブシを入れちゃうことがあるんです(笑)。そういうところにロック好きが出ちゃってます。憧れている人は清木場俊介さんで、“めちゃくちゃ熱くて、歌もすごくうまくて、こんなすごい人がいるんだ!”って、小さい頃から毎回ライブを観に行ってます。あと、以前は洋楽をあまり聴かなかったんですけど、WATWINGに入ってから周りの影響でたくさん洋楽を聴くようになりました。ジャスティン・ビーバーさんとかカッコいいなって思います。

八村:曉はめちゃ明るいんです。最年長ではあるんですけど、年齢の壁を超えてどのメンバーにも接してくれるので、何かあると話したくなるんですよね。

高橋:僕は元々暗い色が好きだったんですけど、曉といろいろ話すようになってからオレンジが好きになって。

鈴木:えぇ、嬉しい!

高橋:それは曉の影響だと思います。

古幡:曉のオーラを浴びちゃってる感じだね(笑)。

――続いては桑山さん。

桑山:僕はこの活動もそうですけど、ダンスを始めたのもBTSさんの影響を受けていて、中学2年生の時に友達と地元のイベントに出たりして、それでステージに立つ楽しさを知りました。ずっと聴いてきたのがK-POPなんですけど、曉と同じで、メンバーの影響で洋楽も聴くようになりました。(八村)倫太郎がワン・ダイレクションさんを聴いているのに影響を受けて、最近よくワン・ダイレクションさんを聴いてます。

古幡:キャッチフレーズだったら、“WATWINGイチの泣き虫”ですね。それぐらい感受性が豊かで、表現力もすごいんです。パフォーマンスだけじゃなくて、人としてもすごく優しくて、周りを見てくれてる感じがします。

八村:色で例えると“白”ですね。

――続いては高橋さん。

高橋:僕は、“このアーティストのこの曲が好き”みたいな、まるでスクラップブックを貼り込んでいく形で音楽を聴いているんですけど、ジャンルで言うと歌的にはR&Bが好きで、聴く音楽としてはヒップホップが好きです。アーティストとしてすごく好きなのは玉置浩二さんです。玉置さんの歌を初めて聴いたのは高校生の時だったんですけど、全身がしびれるような衝撃的な出会いでした。ことあるごとに、悩んだりするとそこに帰りますね。

鈴木:キャラ的にはギャップのあるところがいいなって思います。普段はこんな感じで大人しいんですけど、パフォーマンスでは人一倍変わります!スイッチがあるかのように。

高橋:以前からそう言われることが多いです。どうしてでしょうか?(笑)結成した頃は気持ちを切り替えるスイッチみたいなものが確かにあったんですけど、最近は意識せずにオンになってるので、スイッチからレバーに変わったのかもしれません(笑)。

八村:わかりやすい表現(笑)。颯がいることでパフォーマンスに色が出ると思っています。さっき、隆太を“白”って言いましたけど、颯は“七色”という感じです。

――最後は八村さん。

八村:僕はずっと洋楽を聴いてきました。英語が好きだったというのがきっかけで、ワン・ダイレクションにどハマりして、そればっかり聴いてたんです(笑)。そこから、ポップスシーンの最前線を走っているのは誰か?というのを調べたりして、ジャスティン・ビーバーやブルーノ・マーズを聴くようになりました。ワン・ダイレクションとかバック・ストリート・ボーイズとかに憧れる気持ちは今もありますけど、WATWINGになってからはメンバーの影響でR&Bを聴くようになったり、“玉置浩二さんってスゲエ!”って思ったり、このグループに入ってから、歌謡曲とかヒップホップとかを含めて、意識的にいろんな音楽を聴くようになりました。

古幡:倫太郎のキャッチフレーズは……。

八村:さっと出てこい(笑)。

鈴木:オールマイティーなところがあると思います。なんでもできる器用なタイプ。

古幡:全部のことに関心がある。自分は興味の幅が狭いんですけど、倫太郎は目に入るもの全てに興味を持つ感じです(笑)。

高橋:とにかく好奇心旺盛ですね。

八村:引き出しを作るのが好きで、何かする時に選択肢が多いほうが好きなんです。

――6人それぞれ個性が違いますね。

古幡:それがWATWINGのいいところですし、これからもっと活かしていきたいです。

――9月22日、メジャーデビューということで、より多くの人にWATWINGを知ってもらう大きな起点になりますが、インディーズデビューからここまでの1年はどんな期間でしたか?

八村:いろんなことがあったので挙げたいことだらけなんですけど、その中でも一番大きな出来事はトイズファクトリーの方に僕たちを見つけてもらったことです。僕らのことを興味持ってくれて、豊島園のリリースイベントを観にきてくれました。それがあったから今回メジャーデビューできたと思います。

高橋:僕は7月19日のTSUTAYA O-EASTでのライブです。そこで9月にメジャーデビューすることを発表したことも含めて、一番印象的な出来事でした。多くのマスコミの方にも来ていただいて、テレビやいろんなメディアを通じて多くの人に知ってもらえて、嬉しかったです。

桑山:僕は、去年の7月に発売した最初のEP『forWard』のリリースイベントですね。特典会でWindy(WATWINGのファンの総称)が並んでいるところを見て、嬉しくて泣いちゃいました。

福澤:あの時はみんな泣いてたね。

桑山:それぐらい嬉しい出来事でした。リリースイベントでWindyに会えるのは毎回嬉しいんですけど、その時が初めてだったのでその時の気持ちは忘れません。

福澤:僕も隆太と同じで、初めてのリリイベですね。WATWING6人で心を一つにして円陣を組んだのを覚えています。“ここから始まるんだ”って気持ちになりました。

鈴木:イベントやライブは、やるたびにいろんなことが更新されていきますし、一つに選べない感じです(笑)。ライブそのものではないんですけど、ワンマンライブの時に囲み取材を受けたこともすごく印象に残っています。ありがたいことなんですけど、そういうのに慣れてなかったので、ステージとは違う緊張感がありました。

古幡:普通は、核となる中心があって、そこから広がっていくんだと思うんです。でも、WATWINGはオーディションで集まったメンバーで個性もバラバラ。2019年に結成して、2020年にインディーズデビューして、2021年にメジャーデビュー。ここまでの間の期間、特にインディーズデビューしてからの一年間でみんなが地に足を着いて、同じスタートラインに立てたかなって。これからWATWINGの真ん中をどんどん追求していって、より強いグループにしていきたいと思っています。

――ということで、メジャーデビュー作となるEP『Take off,』がリリースされますが、どんな作品になりましたか?

八村:5曲収録されていて、それぞれタイプの違う曲なので、WATWINGのいろんな面を知ってもらえる作品になりました。“ビュッフェ”みたいな感覚で楽しんでいただけるんじゃないかと思います。今までのWATWINGっぽい曲もありつつ、メジャーデビューということで、ここから先に繋がっていくような新しい要素も入っていて、自分で聴いていても楽しいです。

――どの曲も思い入れの強い推し曲だと思いますけど、それぞれ今の気分で1曲オススメするとしたら?

古幡:「HERO」です! BPMが速い曲なんですけど、聴いていると自分の鼓動まで速くなる感じで気分が上がるんです。自分を前に前に引っ張ってくれる曲ですね。

福澤:僕も「HERO」ですね。ちょうど(取材部屋から)空が見えているので、“前に進みたい!”って気分なので(笑)。

高橋:僕も「HERO」です。聴いてくれるお客さんが一番自分を投影できる曲なのかなって思います。

古幡:「HERO」のMVは、以前に配信リリースした「Only One Life」と「Shooting Star」っていうシングルの時と同じ監督さんに撮ってもらって、WATWINGのカッコいい一面を観てもらえる映像作品になりました。

八村:カッコつけた感じじゃなくて、ナチュラルな感じになっているところもすごく気に入ってます。

鈴木:僕は1曲選ぶとしたら「Sensation」。明るいサウンドで、自然と歩きたくなるような曲。自分のバイブスが上がりますね。歌詞もWATWINGらしいなって。

桑山:僕は「HELLO WORLD」。一度聴いたら忘れられない耳に残るメロディーで、デモを聴かせてもらった時、その後もずっと頭の中に残ってました。新しい人と音楽で繋がりたいというメッセージも込められているので、メジャーデビューというタイミングにも合った曲かなって思います。

八村:えっと…、「HELO WORLD」と「Senstation」! すみません、欲張りなので一つに絞れませんでした(笑)。このEPの曲順は1日を表現していて、「Spark!!」から始まり、「Sensation」「HELLO WORLD」がお昼から午後にかけてで、夕暮れ時に「HERO」が来て、「Turn it up」で夜を補っているところがあるので、それを思うと、今は午後の明るい時間なので、その2曲を選びました。

桑山:「HELLO WORLD」のMVは、メジャーデビューだからこそできる企画になっていて、“WATWINGってなんだろう?”っていうところから始まって、最終的には“WATWINGってこういうグループだよね”っていうのがわかる流れになっています。

古幡:ホリプロの先輩である登坂(淳一)さんに協力していただいて、短編映画のような作品になりました。

――9月22日は一つの大きなスタート地点ですけど、メジャーデビュー後のグループの目標を聞かせてください。

八村:オーディションを通してWATWINGを結成した時から、夢の一つとして“東京ドーム”があります。メジャーデビューはそこに向けての第一歩。たくさんのボーイズグループの中からWATWINGが上に上がっていくには個性を磨いて唯一無二の存在になることだと思っています。ワンマンライブも決まって、来年の4月にはZeppに立たせてもらえるので、ライブの一つ一つを最高のライブにしたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!

※高橋颯の高は正しくは「はしご高」

取材/田中隆信