9月19日、TOKYO FM /JFN38局で放送中の「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ〜〜ん!」の#164が配信された。

ジャージ姿で登場した木村は、受け身をとり「レスリングですよね」と、真顔でおどける。が、すぐに「登るやつ(ボルダリング)ですよね」と言うと「一ついいですか?靴を(ボルダリング用の靴に)履き替えてくれ、と言われて履き替えた時点でつま先がこうなっている」と顔と手の指をくしゃっとさせる木村。
そして、木村自身が「こんなタイミングで来てくれると思わなかった」という中村アンがゲストとして登場する。
映画「マスカレード・ナイト」(9/17(金)公開)で中村と共演した木村は「髪が長いころに共演していたから、さっき挨拶されて誰だろう?と思ったらアンちゃんでした」とびっくりしたそう。
今回の先生、プロクライマーの尾川とも子さんが「天然の岩のロッククライミングされていましたよね?」と木村に聞くと「『さんタク』でやらせてもらいました」と。初めてのクライミングが天然の岩ということにクライミング業界が騒然となったそうだが木村は「いやいや、企画じゃない限りやらない」と苦笑い。
ルールとやり方を聞き、早速2人は初級に挑戦。まずは中村がクリアし、「運動神経いいね!」と木村。
続いて木村も何なくクリアし、中級へ。今回は先生の見本を見ずにやろうと試みる。だが、難易度が高く2人とも一度は断念。「これはシミュレーションが大事だ」と気付いた木村。先生も「そうなんです。オブザベーションと言うのですがどう動くか整理することが大事なんです」と言い2人に助言を。
冷静にプランニングし登るも登っている途中の1秒2秒が体力を奪っていくという2人は思考錯誤して何度も挑戦していく。中村が「できないことってまだまだいっぱいあるなぁ」と漏らすと「できないって決めるのはまだ早い」と木村は再び壁へ。かなり体力を使った木村は「ここにいる(スタッフ)全員にやらせたい…!」という言葉を残していた。