9月19日放送の「サンデー・ジャポン」(毎週日曜朝9:54-11:30、TBS系)では、ぺこぱのシュウペイが、“芸人の鑑”とも言える模範解答を見せる場面があった。

「世間をザワつかせた“ワード”『45歳 定年制』はアリ?ナシ?」の話題で、司会の田中裕二(爆笑問題)から意見を求められた松陰寺太勇は「選択の自由はあってもいいと思いますね。あとは雇う側も制度を持っていないと、辞めただけで次の受け入れ先がないってなっちゃうと問題なんで。あと、新卒一括採用とセットでちょっと見直していった方がいいかなって僕は思いますね」と持論を展開。

これに田中が「われわれみたいに定年とは無縁の芸能人とか、いくら語ってもというのが…。サラリーマンに聞きたいと思うんですけども。どうですか?山本さん。『45歳 定年制』?」と、番組アシスタントの山本里菜アナウンサーに意見を求めると、山本アナは「ちょっと心配というか、不安な部分はありますね。やっぱり今って定年後も働いてる方がたくさんいますし、私もずっと仕事していたいなと思うので、その辺りはあまり不安じゃないですが、年金とか健康保険とかって、どういう設定になっていくんだろうなというのは、すごく不安に感じますね」と世の中の声を代弁する。

また、田中が「シュウペイとかどうですか?何歳まで芸人やろうとか、そういう人生設計とかある?」と尋ねると、シュウペイは「いや、考えたことなかったですけど、言われてみたら、ファンが1人でもいたら続けようかなとは思ってます」と芸人の鑑とも言えるコメントを残し、これに松陰寺がネタの時のように「ヒュー♪」と口笛を鳴らしてツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

次回の「サンデー・ジャポン」は9月26日(日)朝9:54より放送予定。