9月23日(木)放送のアニメ「平穏世代の韋駄天達」(毎週木曜深夜0:55-1:25、フジテレビ系※9月23日[木]は深夜1:15-1:45)第10話「魔」の先行場面カット&あらすじが解禁。第10話では、修行に明け暮れる韋駄天達と、ゾブル帝国から逃げ出したミクがオオバミと連絡を取ることに成功した姿が描かれる。

本作は、「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中の天原・クール教信者による同名漫画を原作としたダーク・ファンタジー。生まれてから一度も戦ったことのない平和ボケしている韋駄天たち・ハヤト(CV:朴ろ美)、イースリイ(CV:緒方恵美)、ポーラ(CV:堀江由衣)らが、何者かにより復活させられた魔族とノールール&ノーリミットな三つどもえバトルを繰り広げる姿を描く。

■第10話「魔」あらすじ

無人島で逃亡生活を続けていたバズ(CV:福原綾香)とメリアノ(CV:徳井青空)だったが、生まれた子供を制しきれなくなりゾブル帝国へと戻る。

一方のハヤトとポーラ、ギル(CV:伊藤静)ら韋駄天たちは日々修行に明け暮れていた。そんな中、ミク(CV:伊瀬茉莉也)はロボットを使ってオオバミ(CV:チョー)と連絡を取ることに成功する。

※朴ろ美の「ろ」は正式には「王」に「路」