女優の大竹しのぶが9月19日、自身のInstagramを更新。娘・IMALUの誕生日を祝うメッセージとともに、幼少期のIMALUとの写真を投稿し、反響を呼んでいる。

この日、大竹は「今日は娘の32歳の誕生日です。あれからもうそんなに経ったなんて。予定日が過ぎてもなかなかこの世に出てきてくれず、少し心配になって先生に尋ねると、いいんです、木の実が熟して自然に落ちてゆくように。自然に任せましょ。と言われ、少し安心はしたものの二週間遅れになるとさすがにこれはと思ったら、陣痛が。急いで病院に行きました」とエピソードをつづった。

続けて、「それでもなかなか生まれてきてくれなくて、母も妹も、まだみたいだね、一回帰るねと言われて、娘の父は大阪で野球をやっていて 結局一人ぼっちだったなあ でもそれはそれで何だか笑えるし、今ではいい思い出です。誕生日はいくつになっても嬉しい日です。お家の飾り付けの前で撮った写真です。懐かしいなあ」とつづり、風船で飾り付けられた壁の前で娘のIMALUを抱っこした、若かりし頃の写真を投稿。

この投稿にファンからは「IMALUちゃんお誕生日おめでとう!」と祝福の声が殺到。

また、「かわいいママ」「すてきな写真」「二人ともかわいい」「IMALUちゃん、小さい頃はお父さん似?」と、二人のかわいらしさを絶賛する声や、「さんまさん、大阪で野球してたなんて(笑)」「さんまさんらしくて笑える」「野球、さすがです(笑)!」など、元夫・明石家さんまのエピソードに驚くコメントが多数寄せられている。