10月22日(金)に公開される映画「CUBE 一度入ったら、最後」の完成披露試写会が、9月22日に東京都内で行われ、菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、清水康彦監督が登壇。それぞれが撮影エピソードなどを語った。

同映画は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画「CUBE」の“監督公認”リメーク作品。密室ものの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る同作が、菅田らの出演で日本版完全オリジナルストーリーとして新たに映画化される。

撮影の思い出を聞かれ、菅田は「本当にみんな仲良かったんですよ。原作通りシリアスで怖い作品なんですけど、現場は楽しくできました。杏さんがフィットネスのゲームを持って来てくださって、みんなで得点を競い合って、でも結局“ゲームど真ん中世代”の田代くんがダントツで。…と思いきや、岡田のまーくんが追い上げてどんどんうまくなる、みたいな。本当に楽しく遊んだ感じでした」と振り返った。

杏だけでなく、その他の共演者もいろいろなゲームや遊具などを持ち寄って休憩中に遊んだりしたようで、斎藤は「定時制のクラスみたいな感じで、みんなそれぞれの立ち位置で、仲良く和気あいあいとしていましたね」と回顧した。

そんな中、中学生の田代は現場で学校の宿題をすることもあったそう。田代が「数学の宿題をやっていた時に、分からないところがあって、その時は岡田さんが教えてくださいました」と明かすと、杏は「教えてたね!なんかすごく美しい画だったよね」と言い、斎藤も「あ、教えてた!こんな家庭教師がいたらいいよね」と岡田の“先生ぶり”を称賛し、その時の様子を明かす。

それを受け、岡田が照れながら「いつでも教えますよ、工さんに」と返すと、斎藤は「教えてくれんの? じゃあ保健体育をお願いします」とニヤリ。これには岡田も大笑いし、菅田が「帰れ!せっかく美しい話だったのに…」とすかさずツッコむなど、先輩・後輩関係なく仲むつまじい様子をステージ上でも展開していた。

最後に、菅田は「本日は来てくださりありがとうございました。『CUBE―』無事に完成しました。コロナ禍になって最初の緊急事態宣言が明けてすぐの頃で、僕らも実生活とリンクしての撮影でした。何とか完成したこと、皆さんに見ていただけることが今一番ホッとしていますし、感謝しております。楽しんでいただけると幸いです。どうかよろしくお願いいたします」と観客にメッセージを送り、締めくくった。