9月23日(木)に最終回を迎えるドラマ「推しの王子様」(毎週木曜10:00-10:54、フジテレビ系※最終回は夜10:20-11:14)が、このほどクランクアップ。約3カ月に及ぶ撮影期間の最後を比嘉愛未、渡邊圭祐、ディーン・フジオカ、徳永えり、瀬戸利樹、佐野ひなこ、谷恭輔の「ペガサス・インク」メンバー全員で迎えた。

ラストカットのOKが出ると、無事にクランクアップした7人はスタッフからそれぞれ花束が渡され、温かい拍手に包まれた。主演の比嘉は「最初は不安もありましたが、引き受けたからには“全力でやりきろう!むしろ、みんなを引っ張るぐらいの気持ちで挑もう”と思いました」とコメント。

さらに、「実際に撮影が始まってみると、現場が楽し過ぎて、キャスト・スタッフさんの優しさに支えられてここまでやってこられました。皆さんが私を“日高泉美”にしてくれました。皆さんと過ごした時間と経験は本当にかけがえのないものになり、出会えたことが私の宝物です。こんな気持ちにさせてくれて、ありがとうございました!」と、涙を流しながら周囲の共演者やスタッフに感謝の気持ちを述べた。

一方、理想の男性へと成長する航を演じた渡邊は「幸せがあふれていて本当に大好きな現場でした。(今)すごく泣くのを我慢していますが…(笑)」と目に涙を浮かべながら今までの思いを語った。そして、「また、皆さんと一緒に仕事ができるようにこれからも頑張りたいと思います。最後まで走り切れて良かったです。本当にありがとうございました」と話した。

比嘉演じる泉美をそばでずっと支え続けてきた光井役のディーン・フジオカは「撮影現場の時間が楽しくて、すごく居心地が良かったです。大変な時期での撮影でしたが、無事最後までたどり着けることができて、感慨深い気持ちでいっぱいです。皆さん、本当にありがとうございました」と笑顔で締めくくった。

■徳永えりコメント

大変な時期での撮影の中、最後まで完走できたのは本当に奇跡だと思います。“和気あいあい”という言葉が似合う現場に出会えることもなかなかないと思うので、本当に楽しかったです。キャスト・スタッフ一人一人の優しさと思いやり、尊敬があるから成り立つんだな、と改めて感じました。本当に楽しかったです。

■瀬戸利樹コメント

本当に撮影が楽しくて、キャスト・スタッフの皆さんに助けられて最後までやり抜けることができました。本当にありがとうございました。僕にとって忘れられない作品になりました。また皆さんと会える日を楽しみに頑張ります!

■佐野ひなこコメント

こんなにも達成感があるのに終わった感じがしない、と思えるぐらい居心地が良かった現場だなと思います。これも座長の比嘉さんはじめ、キャスト、スタッフの皆さんに支えてもらったからだと思います。本当にありがとうございました。

■谷恭輔コメント

毎日現場に来るのが楽しみで幸せな日々でした。3カ月の撮影、走り抜くことができて、本当に良かったと思います。そして、何よりこのメンバーで大好きな芝居ができたことが本当に幸せな時間でした。

■最終話あらすじ

「ランタン・ホールディングス」の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄(ほんろう)された揚げ句、コンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンでも失態を演じてしまった泉美(比嘉愛未)。

光井(ディーン・フジオカ)や航(渡邊圭祐)ら「ペガサス・インク」のスタッフたちに迷惑をかけてしまったことに苦しむ中、乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美が出した結論は、「ペガサス・インク」を辞める、というものだった。

泉美は、交際を始めたばかりだった光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまう。それから10日後、「ペガサス・インク」は、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任する。

それに伴い、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。一方、航から、泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れたことを打ち明ける。泉美を支えることも、スタッフをまとめることもできずにふがいない、と自分を責める光井。航は、光井にはそんな言葉は似合わないと言うと、強い決意を持って、会社のことはできる限り努力する、と告げる。

泉美は、実家に帰っていた。しかし、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱も、“推し”もいない今、何をすればいいのかすら分からない。そんなある日、泉美の前に突然、光井が現れる。