10月13日(水)に放送される「相棒season20」(毎週水曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:09)の初回拡大スペシャル『復活』に、元内閣官房長官・朱雀武比古役で本田博太郎が出演することが分かった。本田が17年ぶりとなる「相棒」出演の喜びを語った。

20作目という節目にふさわしく、衝撃のスタートを切る初回スペシャル『復活』。前作「season19」で『プレゼンス』前後篇(第1話、第2話)、「暗殺者への招待』前後篇(第19話、最終話)と全4話に連なって描かれた事件が、再び動き出す。

一連の黒幕である内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が、またしても杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の前に出現。鶴田の陰謀なのか、亘が逮捕されてしまうという波乱の展開が待ち受ける。

そんな激動の初回スペシャルに登場する朱雀は、2004年に放送され「相棒」シリーズの中でも特に名作として名高いエピソード『双頭の悪魔』(season3第1話〜第3話)で特命係に追い詰められて失脚した人物。

政界の要職にありながら殺人に手を染めた朱雀は懲役18年の判決を下され、2006年に服役。ところが異例中の異例、6年もの刑期を残して3年前に仮出所していたことが分かる。

鶴田が長年、秘書として仕えていた朱雀。鶴田は朱雀に薫陶を受けたと語ってはばからず、官房長官室には朱雀がしたためた書が飾ってあるほど。早過ぎる仮出所の背後に鶴田が関わっているのではないかとにらんだ特命係は、真実に迫るため“ある場所”へ向かうことに。

17年ぶりの「相棒」出演について、初回スペシャルで朱雀が右京に語る「忘れずにいてくれたとは光栄だ」というせりふそのままの心境であることを明かす本田。さらに、年月を経て再び手に取った「相棒」のシナリオの魅力を、「面白い大人の風が吹いていました」と表現した。

■朱雀武比古役:本田博太郎コメント全文

「相棒」出演は17年ぶりですが、「忘れずにいてくれたとは光栄だ」。朱雀のせりふどおりの思いです!

今回の「初回拡大スペシャル 復活」のシナリオには面白い、大人の風が吹いていました。朱雀を久々に演じるにあたって心掛けたのは“楽しく、切なく…人間臭く”。

水谷豊さん、反町隆史さんとは猛暑の中、心地良いキャッチボールができました。朱雀の弾んでいる、そして“切ない心”を目撃してください。

■「相棒」初回拡大スペシャル「復活」あらすじ

IT長者・加西周明(石丸幹二)の殺害容疑で逮捕送検され、判決確定までの間、東京拘置所に拘禁されていた元・内閣情報調査室職員・柾庸子(遠山景織子)の接見が突然、禁止となった。

不審に思った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事態を探り始めた直後、内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が突如「こてまり」に姿を現す。官房長官自らのお出ましにギョッとする2人に、鶴田は庸子が拘置所内で自殺したという驚きの事実を告げる。

冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動き始めるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚、そして、亘が逮捕される事態に発展し、特命係はいきなり窮地に追い込まれる。

さらに、かつて自分たちが追い詰めた元内閣官房長官・朱雀武比古(本田博太郎)が、3年前に仮出所していた事実を知った右京たち。異例のタイミングで仮出所が認められた背景には、朱雀を師と仰ぐ鶴田の暗躍があったのではないかとにらんだ2人は、朱雀を直撃する。