なにわ男子・道枝駿佑、Snow Man・目黒蓮がW主演を務める10月クールオシドラサタデー「消えた初恋」(毎週土曜夜11:30-0:00、テレビ朝日系)の主題歌が、Snow Manの「Secret Touch」となにわ男子のデビュー曲「初心(うぶ)LOVE(らぶ)」に決定した。これを受け道枝と目黒は「この2曲を聴いて、ドラマの世界観に入り込んでいただきたいな」(道枝)、「なにわ男子と一緒に、新しい試みに挑戦することができてとてもうれしい」とコメント。

同ドラマは、現在「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の同名漫画(原作:ひねくれ渡/作画:アルコ)を実写化。クラスメイトの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)だが、ひょんな出来事から、硬派な井田(目黒)と三角関係に。勘違いが勘違いを呼ぶ意外過ぎる展開が話題の異色のラブコメとなっている。

■気になるW主題歌はどのような楽曲?

このたびW主題歌に決定したSnow Manが歌う新曲「Secret Touch」は、シンプルなピアノの演奏と語りかけるようなボーカル、ささやくようなフレーズから始まる、切ないミディアム・バラード。

“人を好きになる”という純粋な気持ちに気づいて成長していく姿、誰かを好きになった時のうれしさや不安、そして淡く切ない気持ちが表現された、ドラマの世界観に寄り添った楽曲となっている。

また、7月28日(なにわの日)にCDデビューがサプライズ発表されたなにわ男子の記念すべきデビューシングル「初心(うぶ)LOVE(らぶ)」も同ドラマの主題歌に。

開始1秒からグループの持ち味でもある青春感全開で始まる同楽曲は、キラキラと輝きを放つサウンドに乗せて、心躍る恋愛感情や、すれ違いでヤキモキする気持ち、ふとした瞬間のドキッと感など、ジェットコースターのように一喜一憂する恋愛感情や、加速していくまっすぐな恋心を描いている。

さらに主題歌に加えて、放送を1週間後に控えた10月2日(土)に「『消えた初恋』スタート直前!キュンが止まらないよスペシャル」(深夜0:30〜※一部地域を除く)が放送することも決定。

クランクイン直後に実施した道枝&目黒のクロストークを軸に、メイキング映像やキャストインタビューなど、ドラマの魅力が詰まった内容となっている。

■道枝駿佑コメント

今回、Snow Manの皆さんとW主題歌になると聞いた時は、すごくうれしかったですし、この2曲を聴いて、ドラマの世界観に入り込んでいただきたいな、と思いました。僕らが歌う主題歌は「初心(うぶ)LOVE(らぶ)」という曲です。

“初心”に英語で“LOVE”と書いて“うぶらぶ”と読むんですけど、なにわ男子らしい、かわいらしい曲調になっています。僕たちのデビュー曲にピッタリの楽曲だと思いますし、それが主演させていただくドラマの主題歌にもなるというのはすごく光栄なことなので、これからもたくさん歌っていきたいです。

特に「♪もっとあんな恋がしたくて こんなはずじゃなくて〜」というサビの部分の歌詞が、「消えた初恋」にピッタリで、めちゃくちゃドラマに合っているな、と思います。

本当にドラマの世界観に合っている曲なので、キュンキュンするシーンの後に流れると、テンションが上がるんじゃないかなと思います。どういったタイミングで曲が流れるのか、僕も今から放送を見るのが楽しみです。  

――Snow Manの楽曲を聴いた感想は?

めちゃくちゃいい曲だなと思いました! 歌詞を読むと切ない部分もあるし、それをメロディーに乗せて聴くと、すごくスッと入ってくるんですよ。オシャレでもありますし、ドラマの中で流れているのがすごくイメージできる曲でした。

■目黒蓮コメント

今回はW主題歌ということですが、今までそういう経験がなかったので聞いた時はビックリしました。なにわ男子と一緒に、新しい試みに挑戦することができてとてもうれしいですし、それぞれがイメージの違う楽曲になれば、ドラマがすごく盛り上がるのかな、と思いました。

僕たちSnow Manが歌う主題歌「Secret Touch」はミディアム・バラードで、僕自身もすごく大好きな曲です。人を好きになると、楽しいこともありますが、切ない気持ちになることもあるじゃないですか。そういう恋をした時の切ない気持ちがオシャレに表現された本当にいい曲なんです。

メンバーみんなで気持ちを込めて歌ったので、その気持ちが聴いてくださった方に届いても、この曲を好きになってもらえたらうれしいです。ドラマでも、気持ちがすれ違ったりするシーンで流れると、胸がキュッとなるのではないかなと思います。

レコーディングをしている時にも、そういうシーンで流れているイメージが湧いてきたので、今から放送が楽しみです。頭のサビがスッとアカペラから入ってイントロが始まっていく…という流れなのですが、ドラマの中で流れた時にも、見てくださっている方の心をつかめたらいいな、と思います。

――なにわ男子の楽曲を聴いた感想は?

心地いいメロディーで、サビがすごく覚えやすいです。その“覚えやすさ”って、すごく大事だなと思うんですよね。しかも、今後もずっと歌い続けていくことになるデビュー曲が、こんなにステキな楽曲で、しかも主題歌…今から早くドラマの中で聴きたいな、と思っています。

■第1話あらすじ

とある高校で、担任の谷口先生(田辺誠一)がテストを配り始める中、消しゴムが見つからず焦った青木(道枝駿佑)は、親友・あっくん(鈴木仁)に借りようとするが、あっさり断られてしまう。すると、それを見ていた橋下さん(福本莉子)が笑顔で消しゴムを貸してくれる。

ひそかに橋下さんに片思い中の青木は、「やっぱり橋下さんは天使だ…」と大感激。しかし、それも束の間…その消しゴムに「イダくん」と、井田(目黒蓮)の名前が書いてあることに気づいて大ショック。もしかして、これは好きな人の名前を書くとその恋が叶うというおまじないでは…。

瞬時に失恋したことを悟り、ガックリうなだれる青木だが、その消しゴムの文字をあろうことか井田本人に見られてしまう。井田に、「勘違いだ!」と否定したい青木だが、橋下さんの恋心を勝手にバラすわけにもいかず、とっさにその消しゴムは自分の物だと嘘をつく。

勘違いが勘違いを呼ぶ中、よかれと思った行動や何気ない一言によってさらなるズレが生じ、恋も友情も予想外の方向へ。一生懸命だけどちょっとトンチンカン、そんな“尊い初恋”が始まる。