動画配信サービス・GYAO!で配信中の「木梨の貝。」(毎週土曜朝7:00更新)では、10月2日(土)と9日(土)に「おぎやはぎのハピキャン」(メ〜テレ)とのコラボ回を配信する。

今回のロケは、夏頃に「ハピキャン」とコラボすることが突如決定し、「ハピキャン」のキャンプ現場に「木梨の貝。」が帯同する形に。

キャンプ場でおぎやはぎの2人と合流した木梨憲武は、「木梨の貝。」側で準備しているキャンプエリアを案内。食事の準備やキャンプ場には珍しい流しそうめんなどをおぎやはぎに紹介していると、スタッフから「そろそろ…もう限界です」という謎のSOSが木梨に届く。案内されるままに向かうと、そこには今はやりのキャンプサウナが。

キャンプサウナがどんなものなのか中を見ようとすると、「木梨の貝。」ではおなじみのココリコ・遠藤章造、狩野英孝、BOYS AND MEN(以下、ボイメン)の水野勝と吉原雅斗の4人が登場。

このまま遠藤らゲストチームも一緒にキャンプを楽しむと思いきや、「木梨の貝。」の面々は番組が招待した“キャンプ女子”にキャンプを学びながら、大いに盛り上がる。

その後、おぎやはぎと木梨に合流し、番組から生まれた楽曲「最高な毎日にするために 自分からグイッと動き 言葉に気をつけしかけは早め 全て面白がり 答えは追い追いやってくる」を、遠藤と狩野がおぎやはぎの前で歌唱。ボイメンの2人もチャート1位を獲得した曲のダンスを披露する。

■木梨憲武、おぎやはぎら出演者コメント

木梨憲武:本物のキャンパーでもないですけど、本物のキャンパーより盛り上がれる自信はある。それを今探している最中でもあり、今日の撮影を利用して試している感じ。世界中、(キャンプの)楽しみ方は自由だから、どうアレンジをしていくかは自分次第。この基本を今日は習いにきた感じ。ライターがあるのに、火を自分で起こしたり。キャンプ道具が新しかったり、古かったりいろいろある中で、そういうのを学んでいくのが楽しかったりするから。ぜひそこを見てほしいね。

矢作兼:いつも「ハピキャン」をご覧いただいている方からは、もういつもの「ハピキャン」とは違う空気でやっていますからね。昔の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)を見ていた人は同じノリで見られるんじゃないですかね。その場の行きあたりばったりな、(スタッフが考えた)撮れ高が全て違う流れになっちゃう(笑)。

小木博明:でもいつもと違う「ハピキャン」が見れると思いますので、ぜひそこを楽しんでほしいね。

遠藤章造:このご時世ではあるけれど、この季節はキャンプが楽しい時期だと思うので、僕も率先して企画をするタイプではないけれど、家族と一緒にキャンプができたらいいなあと思っています。

狩野英孝:みんな良い意味で緊張感なく、おのおの素が出ているのでそこが楽しめるかなと。僕がギターを演奏しているシーンがあるかどうか、確認するためにも見てください!

水野勝:僕はキャンプをしたことがなくて、キャンプがいいなあと思えるロケだったので、見た人もそう思ってくれるような番組になっていると思います。

吉原雅斗:過去にキャンプは行ったことはあるけれど、基本的に僕はインドアで。だけど今日みたいな収録だと、普段話さないことも話せるし、そういう意味でも貴重な空間だなと思いました。この番組を見たらそう思う人は多いんじゃないかなと思います!