2021年8月の暑い季節にスタートしたグローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」(毎週金曜夜8時20分、ABEMA SPECIAL 2チャンネルほか)。デビューを目指して歌い、踊り、喜怒哀楽をあらわにして戦う少女たちの戦いは、2回目の脱落者発表を前に盛り上がりを見せている。

実に“2021年最も注目”と言われる大型オーディション。しかし「見てない」「知らなかった」という人も大丈夫。基本ルールと、“視聴者人気ナンバー1”や“最強ビジュアルを持つダンサー”など、注目の参加者を一気におさらいしていくので、今まさに“ガルプラ”沼にハマるチャンスだ。

■99→54→27と、少女たちが狭き門をくぐり抜ける!

「Girls Planet 999:少女祭典」には、応募総数1万3千人の中から日本、韓国、中国の3つの地域で行われたオーディションを通過した99名が参加。地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程を見せていくプロジェクトである。

“2021年最も注目”と言われるのは、有名な仕掛け人によるビッグな企画であることから。日本でも大人気のドラマ『愛の不時着』の製作をはじめ、アジア映画初のアカデミー作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』の投資制作・配給、そして昨年、ENHYPENが誕生し話題となった『I-LAND』や、IZ*ONE、JO1ら数多くの人気グループを輩出した『PRODUCE』シリーズといった数多くの人気番組を手掛ける韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる新たなオーディションが「Girls Planet 999:少女祭典」、通称“ガルプラ”だ。

日・韓・中3地域を含む全世界の視聴者から熱い視線を浴びて、プロジェクトが進行中。日本ではABEMAで字幕版と通訳版を国内独占無料放送している。(#3まで無料、以後最新話が放送後1週間無料/ABEMAプレミアムでは全話配信中)

グローバルアイドルを目指す99名でスタートした参加者は、度重なるミッションで自分の魅力を爆発させていき、現在は勝ち残った54名(日本、韓国、中国各18名)がパフォーマンスを披露している。

■実力&努力はプロレベル! 注目の参加者を紹介

気になるのは参加者の顔ぶれだろう。日本(J)、韓国(K)、中国(C)のオーディションを勝ち抜いてきただけあって、彼女たちの才能と美ぼう、人間的な魅力は誰を見ても、相当ハイレベル。加えて、一緒に歌やダンスの練習を重ね、最高のステージを作り上げるために、言葉の壁を乗り越えながらコミュニケーションを取って努力していく姿は、どのシーンも心を揺さぶるものがある。応援したくなる“推し”の子を見つけて、見れば見るほどハマっちゃう、それが“ガルプラ”なのだ。ザテレビジョン編集部が注目する7名をご紹介! 魅力にあふれる子が多く、正直、7名だけというのは苦渋の選択である。

ステージに上がるたびに別人に変化! 江崎ひかる(J)
ファーストステージ「プラネット探索戦」から、参加者たちの度肝を抜いたのが江崎ひかる(J)のパフォーマンス。日本(J)グループの事前ランキング第1位である江崎は、登場するや否やキレキレダンスと迫力のある表情でステージの視線を一気に集めた。

本人いわく「元々すごく歌もダンスも下手で、夢のためにすごく努力して、やっと自分の中で自分を見つけてきた気がします」。自他共に認める“努力家”で、マスターから言われた指摘は次のステージで必ず修正してくるプロ意識の高さを持っている。

3人、6人、9人のグループに分かれて「ボーカル曲」、「ラップ曲」、「ダンス曲」の中から自分の得意なジャンルを選べる「コンビネーション・ミッション」では、「ダンス曲」Meghan Trainorの『No excuses』を選択した江崎。中間発表で「面白くない」「ひかるがいつも見せる表情があるけど、この曲には似合わないね」など厳しい意見があった後、本番で見せた江崎の魅力にあふれるPOPなダンスと表情は絶賛を浴びた。

最強ビジュアルとしなやかなダンスで注目、シェン・シャオティン(C)

一方、中国(C)グループの事前ランキング第1位、シェン・シャオティンは、「めちゃめちゃ美人!」「圧倒的な美しさ」など画面に映るたびにSNSが騒ぎになるほどよく目立つ。大人っぽい落ち着いた表情と、得意なダンスで目を引くセンター。

9人でパフォーマンスを作り上げていく「コネクトミッション」ではBLACKPINK『How You Like That』を披露。キリングパートを務めたシャオティンは「どうして前に出てこない?」と指摘されるなど、控えめな一面もあったが、#5(9月3日放送)で発表された個人投票によるTOP9では、2位に輝くなど注目度は常に高い。

視聴者投票で99人の頂点に! 川口ゆりな(J)

そのTOP9の発表で“新女王”となったのが、大きな瞳とロングヘアーが特徴的な元X21メンバーの川口ゆりな(J)である。多くの参加者がうわさする1位予想を覆して、羨望の眼差しを浴びた。川口は、投票に参加した164か国のうち、計83か国で1位を獲得。4,446,387票でTOP9の頂点に輝いた。

「全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞経験があり、芸能活動もしている川口。「投票してくださったプラネットガーディアン(視聴者)の皆さん、本当にたくさんの票をありがとうございました。とても光栄な順位に、私の実力がまだまだ追いついてなくて。未熟な部分をもっともっと磨いて、投票いただいた皆さんに第1回のTOP9の1位を獲った川口ゆりなとして認めてもらえるようにもっと頑張るので見守ってください」と謙虚に語り、さらに上を目指す。

現役アイドル・CLCメンバーのチェ・ユジン(K)

これからデビューするアイドルのオーディションに、現役のアイドルが挑戦している。ガールズグループ・CLCのチェ・ユジン(K)だ。所属事務所から「もうグループ活動はしない」と言われたユジンだったが、「これからも歌手を続けたいんです」と“ガルプラ”の参加を決めた。

参加者からは強気な挑発を受けたり、練習の際にリーダーシップを期待されたりと、ユジンはやはり少女たちにとっても特別な存在のよう。しかし、ステージでの安定感は抜群。パフォーマンスの途中でカメラに向かって笑顔を見せ、仲間たちを気遣いながら自らも輝く姿はさすがの一言である。人一倍プレッシャーもかかっているのだろう、嬉し涙が見てみたい1人だ。

NiziUのMAKOも憧れた元JYP練習生・坂本舞白(J)

「アイドルになりたい!」という夢を追いかけ、TWICEやNiziUらが所属するJYPエンターテインメントの公開採用オーディション12期で全体2位、女性部門1位という快挙を成し遂げ合格を勝ち取っているのが、坂本舞白(J)。実力派の彼女のうわさは、NiziUのリーダー・MAKOにも届き、オーディションを受ける際に坂本の活躍を見聞きしたことで、アイドルを目指すきっかけになったと語っている。

「コネクトミッション」でIZ*ONEの『FIESTA』、「コンビネーションミッション」で「ボーカル曲」としてITZYの『Mafia In the morning』を選択した坂本。両方のチームでリーダーを務めて仲間をまとめ、勝利を勝ち取ることに成功している。

ITZYのパフォーマンスではこれまでの可愛らしさとは一変、大人の魅力を存分に披露して、会場を一つにした。マスターたちも「パフォーマンスとボイス、両方とも逃してしまいかねない選択だったと思うけど、ふたつともつかめていた。本当にうまかった」と称賛している。

SNSフォロワーは360万人超え!圧倒的オーラを放つスー・ルイチー(C)

99人の少女が並ぶ中で、「あの子誰!?」と見る者の視線を奪っていくような存在感があるのが、スー・ルイチー(C)。青みがかった銀髪がトレードマークのルイチーは、ファーストステージは誰とも組まずに、1人でステージに立ち、緊張感でいっぱいの参加者たちを圧倒した。

鋭い目ヂカラで勝気な表情を見せたかと思えば、明るい性格で誰にでも話しかける元気っ娘といった人懐っこさもあるルイチー。ガールズグループ「Chic Chili」でデビューし、芸能活動の経験があるため、中国のSNSではすでにフォロワー360万人を超える人気を誇っている。

「コネクトミッション」ではEXOの『The Eve』を披露。江崎ひかる、チョン・ユジンらと組み“アベンジャーズ”と称されて大きな期待をされたが、「下手だったというわけではないけど…」、「顔のラインが強すぎる。力をほどく練習を」など、レベルの高い要求をされたことも。さらに高度なパフォーマンスを求めたくなってしまうのがルイチーである。

仲間を輝かせるための努力も惜しまないリーダー、キム・ダヨン(K)

韓国(K)グループのシグナルソング「O.O.O(Over&Over&Over, オ.オ.オ)」でセンターを務めて、Kグループの事前評価1位だったのが、キム・ダヨン(K)。

番組開始後はTOP9にも入れず悔しい思いもしたが、ダヨンの実力は本物だった。ダヨンは9人グループでBLACKPINKの『Ice Cream』を披露した際、リーダーとキリングパートに立候補。メンバーにいた池間琉杏(J)が脱落者からの復活枠である「プラネットパス」で生き残ったことを考慮して「最下位から引き上げるのが私の目標」と、不安な気持ちでいた池間のダンス練習にトコトン付き合った。マスターは「高く評価したいのはダヨン。9人それぞれが引き立つような振り付けの構成を組み立ててくれた」とダヨンを絶賛した。

ダヨンは「Kグループの1位だけTOP9に入っていないことに大きなプレッシャーを感じていた。マスターの言葉が嬉しかった」と涙を流した。

■次回、いよいよ27名の脱落者が決まる

注目の参加者は他にも、“Nizi Project”参加者でハキハキと笑顔のステージを見せてくれる岸田莉里花(J)や、BTSの弟分グループ「TOMORROW X TOGETHER」メンバー・ヒュニンカイの妹であるヒュニン・バヒエ(K)、妖艶な魅力で自信たっぷりのパフォーマンスを披露するツァイ・ビーン(C)など挙げればキリがないほど。「ガールズプラネット」には、よくぞ集まったという“逸材”が次々と登場する。

TWICEやBLACKPINK、BTS、IZ*ONE、BTOBなど、披露される曲のダンスを見るだけでも十分楽しめるのに、少女たちの純粋な素顔とステージにかける思いが絡み合う人間ドラマや、成長過程までも追って、見る者をアツくさせてくれる。何より、夢に向かって努力を怠らない可愛い彼女たちのパワーに圧倒されることだろう。

次回、#8の放送は9月24日(金)夜8時20分から。2回目のグローバル視聴者投票の結果を発表する。日本(J)、韓国(K)、中国(C)各グループの中から順位が低い10人の脱落が決定し、そのうちマスターと呼ばれる審査員の復活枠が3名あり、半数の27人が脱落する運命の回となる。