A.B.C-Z・橋本良亮が単独初主演を務める、7月期ドラマ「痴情の接吻」(毎週日曜夜11:25-11:55※最終話は40分押し予定、ABCテレビ[関西ローカル]/テレビ朝日では毎週土曜深夜2:30-3:00)の最終話が、テレビ朝日で9月25日(土)に放送される。

同ドラマは、雑誌『プチコミック』(小学館)に連載中の累計140万部を突破した人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリー。ドイツ帰りのハイスペック男・上条忍を橋本が、上条が唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村ゆりかが演じる。

これまでの放送では、和華(中村)を巡って、上条(橋本)や岳(井上祐貴)が火花を散らしたり、上条と和華が暮らす部屋に突然、マレーシアにいるはずの和華の両親が訪ねてきて、同棲を知り混乱した和華の父・正和(池田鉄洋)と上条の攻防が見られるなど、思わぬ四角関係に発展していた。

また、和華の母・華子(高島礼子)は、娘に本以外に執着できる相手が見つかり良かったと安堵するが、正和は寂しい気持ちが勝り、隠していた本当の帰国理由を和華に明かしてしまう。

■注目の最終話(第10話)では――

和華(中村ゆりか)が上条(橋本良亮)と暮らし初めて4カ月。二人の甘い生活は、和華の決断によって間もなく終わろうとしている。病気の母と一緒に過ごすため、両親が住むマレーシアに行くと決めた和華。上条はそんな和華の苦渋の決断をいとも簡単に受け入れ、かえって和華を寂しくさせる。

そんな中、和華の誕生日がやってくる。和華が今、ほしいものは上条と一緒に過ごす時間。それを自ら手放そうとしている事実に向き合いながら、和華は誕生日ディナーを一緒に食べようと上条を誘い出す。ところが、そんな夜に限って急な残業が発生。予定より終業が遅くなり慌ただしく図書館を後にしようとすると、そこにはなぜか上条の姿があった。

謝る和華の手を引き、上条はある場所へと和華を連れて行く――。

という物語が描かれる。

公式HPなどの予告動画では、ご飯を食べさせ合う上条と和華の姿や、10年前の高校生時代の2人の姿に重ね合わせるように、大人になった今の2人が図書館の中を歩くシーン、背中を合わせて椅子に座るシーン、熱くキスをするシーンなどが描かれている。

また、上条が「僕のそばに存在してて」とささやいたり、「出会ってくれて、今、ここにいてくれて、ありがとう」と告げるなど、痴情をはらんだ偏愛ラブストーリーがついに完結へと向かっていく。

最終話放送を前に「最終回こないで…」「終わらないで〜」「寂しすぎて泣いちゃう」「最後はハッピーエンドで終わってほしい!」「続編希望!」と寂しがる声や、「偏愛する上条も、それに戸惑うかわいい和華も大好きでした」「上条ロス」「ドラマ見てはっしーのファンになった」と、演じた2人を絶賛する声など、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「痴情の接吻」最終話は、9月25日(土)深夜2:30よりテレビ朝日系で放送。