ジャニーズWEST・重岡大毅が主演を務める金曜ドラマ「#家族募集します」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の最終話となる第9話が、9月24日(金)に放送される。最終回の放送を目前に控え、主演の重岡をはじめ、共演の木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきのらがそれぞれクランクアップを迎えた。

同作は、ドラマ「山田太郎ものがたり」(2007年)、「カンナさーん!」(2017年、ともにTBS系)などを手掛けたマギーの脚本によるオリジナルストーリー。

シングルファーザーになったばかりの赤城俊平(重岡)は、偶然再会した幼なじみの小山内蒼介(仲野)がSNSに投稿した「#家族募集します」という呼び掛けに巻き込まれる。そんな俊平が、募集を見て集まった桃田礼(木村)、横瀬めいく(岸井)らと同居生活をする姿を通して、“家族とは何か”や“家族といる時間の大切さ”がハートフルに描かれる。

■重岡大毅は「本当に楽しかった!」とガッツポーズ

座長・重岡は同作で父親役に初挑戦し、GP帯連続ドラマの初主演を務めた。共演の木村、息子役の佐藤遙灯らと共にクランクアップの瞬間を迎え、両手でガッツポーズ。重岡は「本当に楽しかった!」とビッグスマイルを輝かせ「いい仲間に巡り会えて、すごく幸せです」とコメント。

また、木村も「ひとつの家族みたいになれた現場でした」と娘役の宮崎莉里沙と共にクランクアップした喜びを語った。また、岸井は「太陽みたいな重岡さんが真ん中にいてくれたから、みんなすごく仲良くなれた」と座長へ感謝の気持ちを述べた。

そして、4人の中で最後にクランクアップを迎えたのは仲野。そこに重岡、木村、岸井、橋本じゅん、そして4人の子どもたち(佐藤・宮崎・三浦綺羅・板垣樹)がサプライズで登場。 “家族”の登場に感激した仲野は「皆さんと一緒に、家族として時間を過ごせたことがとても幸せでした」とコメントした。

撮影現場でも“家族”として苦楽を共にしてきた「にじや」のメンバーたち。最後まで“ワンチーム”で、約4か月の撮影を無事に走り切った。

■重岡大毅コメント

クランクアップした瞬間にどんなことを思うんだろうと考えていたんですけど、本当に楽しかったです!撮影が大変な時でもしんどくなることが全然なくて、早く夜が明けて次の日が来ないかなって遠足を楽しみにする子どもみたいな気持ちになるくらい、ずっと楽しい現場でした。本当にいい仲間に巡り会えて、すごく幸せです。ありがとうございました。

■木村文乃コメント

子どもたちと四六時中一緒に撮影するというのは初めてだったのですが、大変な時でもカメラが回ると笑顔で頑張る子どもたちを見ていたら、自分も頑張らないといけないなって思わされました。

辛い時にみんなで助け合い、ひとつの家族みたいになれた現場でした。1人じゃなかったから、ここまでやって来られたと思っています。ありがとうございました。

■仲野太賀コメント

皆さんと一緒に、家族として時間を過ごせたことがとても幸せでした。重岡くんやハル(佐藤遙灯)の誕生日を、キャストとスタッフが一丸となって本当の家族のように盛り上げるというアットホームな現場は僕自身初めてでしたし、楽しい時間を過ごせて幸せな気持ちでいっぱいです。温かい現場、そして子どもたちにもすごく救われました。ありがとうございました。

■岸井ゆきのコメント

みんなとすごく仲良くなれて楽しかったし、子どもたちからいろんな影響を受けていくのも面白かったです。他人同士が家族になっていくというストーリーの中で、こういう関係性が生まれたことはすごく尊いことだと思っています。それも、太陽みたいな重岡さんが真ん中にいてくれたからだと思うので、感謝しています。

■第9話あらすじ

突然涙をこぼした蒼介(仲野太賀)。蒼介が一人で何かを抱えていることを察した俊平(重岡大毅)は「今度は自分が話を聞く番だ」と屋上で蒼介に語りかける。すると蒼介は、銀治(石橋蓮司)の見舞いに一緒に来てほしいと言う。

2人が病院へ向かうと、そこには銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒー)の姿が。俊平は銀治と家族が疎遠になった事情を知り、蒼介がそのために思い悩んでいたことを理解する。銀治の家族の問題を解決したい思いはあれど、それは同時に銀治の家族がにじやに戻ってくることを意味していた。

そうなれば、礼(木村文乃)やめいく(岸井ゆきの)、黒崎(橋本じゅん)との「にじや」での暮らしは終わってしまう。

俊平と蒼介は「にじや」に戻り“家族”たちに全てを打ち明けるが、礼とめいくは戸惑いを隠せない。それぞれの思いが交錯する中、ついに銀治の息子の達也(宇野祥平)と久実子が「にじや」にやって来る。さらに、黒崎の元妻・黛倫子(平原綾香)もいつきを引き取りに現れる。

突然の来訪者たちに困惑しながらも、それぞれが自分たちの問題と向き合う“家族”たち。そして彼らは、未来のためにある選択をすることに。