上野樹里が、9月22日に東京・天王洲アイルのB&C HALL・E HALLで行われた「Gucci Garden Archetypes(グッチ ガーデン アーキタイプ)」展のフォトコールに出席した。

胸元と背中の開いたブラックとゴールドの衣装で登場した上野は、「前回は赤と白の透け感のある夏のドレスだったんですけど、今回は秋冬ということで生地感が重めでゴージャスな感じです。でも、背中とか開いてますし、首元もスッキリしているのでラフに着られます」と着ている衣装を説明し、「(グッチ創設)100周年という、すごくおめでたいイベントにふさわしいゴージャスな感じもあるんですけど、ラフな感じなので、自分らしく楽しく着られたらいいかなって。いつもの自分のまま着られている感じがします」と笑顔を見せた。

グッチのアイテムについて聞かれると、「夫(TRICERATOPSの和田唱)がライブの時に衣装を入れたスーツケースを持っていくんですけど、グッチさんのスーツケースをプレゼントしました。あと、最初から使っている財布が2人ともグッチさんの財布なんです」と回答。

さらに、「昔の話になるんですけど、私の母親が独身時代に自分で購入したグッチのボストンバッグを譲り受けて、それを母親の一部だと思って今も大切に家に保管しています。それが私が初めて手にしたグッチでした」と大切な思い出と品物を明かした。


◆取材・文・撮影=田中隆信